cshosの日記

地震&私生活

コロナに負けるなとね!!!

wired.jp

コレね!!

 

新型コロナウイルス感染症の治療につながるか? 回復した患者の「血しょう」を用いた治験が、ついに始まった

新型コロナウイルス感染症COVID-19」の2つの治療法が米国で認可され、治験が始まった。いずれも発症後に回復した患者の血液から抽出された血しょうを用い、ヒトの免疫系が細菌に対抗するために生成する抗体からつくられるものだ。どちらの治療法も、多くのリソースを必要とする重症化を抑えることが期待されている。

TEXT BY ADAM ROGERS

WIRED(US)

clinical-trials-plasma

AKIROMARU/GETTY IMAGES

世界的に感染が拡大している新型コロナウイルス感染症COVID-19」に対する2つの治療法について、米食品医薬品局(FDA)が全国規模での治験の実施と、それと同時並行するかたちで数百の病院において実際の治療に用いる計画を承認した。

この2つの治療薬は、回復期血しょう(血漿)と高免疫グロブリンと呼ばれるものだ。どちらも感染症であるCOVID-19から回復した人の血液から抽出され、ヒトの免疫系が細菌に対抗するために生成する抗体からつくられる。

「これは研究において重要な領域のひとつです。回復した患者の血液からつくられた治療薬の使用により、COVID-19が治癒する可能性があります」と、FDA理事のステファン・ハーンは今回の治験の発表に寄せた声明で述べている。「FDAは、回復期血しょうへのアクセス拡大の促進を目的とし、産業界、学術機関、政府当局間の提携を築くための重要な役割を果たすことができました。このことは、危機に際して米国民を救うため、われわれがいかに団結して迅速な行動をとることができるのかを確かに示した素晴らしい一例です」

------------------------

頑張れとね!!!