cshosの日記

地震&私生活

緊急事態宣言=総理だしたと勘違いしてるとね。

www.msn.com

cargo-news.co.jp

実は医療現場のコロナウィルスでの医療崩壊が起きるかもと医師会が総理にお願いしたとね。

 

安倍さんを援護する訳でもないけどね。

 

後ね!!

野次馬の皆さんと!!

本当に総理の緊急事態宣言の質問した人ねと。

GDP(国民総生産)」を理解してたのかのとね!!!

江川紹子さん!!!

あんた!「オウムの関連」だよね!!

経済に理解してなくて、残念とね。

なんだ!あの質問と。

思ったとね。

オウムが終わったんだから、黙ればと。

目障りのクソ婆の江川紹子さんとね。

 

意外にコロナウィルス騒動でね!!!

被害を受ける所も有るとね。

「トラック業界」ねと。

新型コロナウイルスの感染拡大でトラック輸送の市況が悪化している。「消費税増税」「米中貿易摩擦」「暖冬」により、例年に比べて荷動きが鈍いところに「新型コロナ」が加わった“四重苦”の状況で、トラックの稼働率が下がり、運収が大きく落ちている。他方、ドライバー不足が緩和されたことで、トラックを効率的に運用したり、トラック運送業者の主任クラスがドライバー職の兼務を外れる“余裕”も生まれているなど、「ポスト新型コロナ」に向けて前進する兆しもある。

輸送量激減、リーマンショック以上か

リーマンショックよりひどい状況だ」――。京浜地区の海上コンテナ輸送業者の幹部は肩を落とす。新型コロナウイルスによる感染症中国経済に打撃を与え、工場の操業再開の遅れ、個人消費の減速もあって輸出入が停滞。日本の主要港では、中国関連の貨物を中心にコンテナ貨物の輸送量が激減している。

輸送量の激減により「休車」を余儀なくされるケースもあり、売上げが落ち込んでいる。対中貿易依存度の高い大阪港では、15~20%程度物量が減ったことで、車両の稼働率が75%まで下がった事業者もある。「荷主からは輸入は戻りつつあると聞いているが、輸出はコロナ以外の要因もあって荷動きが鈍く、危機感が強い」という。

荷動きの悪化は海コン輸送に限ったことではない。求荷求車ネットワーク「WebKIT」の2月の求車登録件数は前年同月比で約4割減り、スポット運賃市況も前年割れが続いている。また、帝国データバンクによると、「運輸・倉庫」の2月の景気DIは前年比で14・3pt減と大幅に悪化し、新型コロナウイルスの感染拡大で「マイナスの影響がある」と見込む企業の割合が73%と業種別で最も高かった。

都心部を配送エリアとするトラック運送事業者に聞くと、「自粛ムード」の影響をダイレクトに受ける商材は物量が半分程度まで落ち込んでいるという。一方で、「本来、車をキャンセルしたいところだろうが、荷主によっては半分になった物量を従来の台数に振り分けてもらっている」と、直近まで続いていたトラック不足の〝トラウマ〟から一定の配慮も。一時的に積載率を落とすことでトラックの稼働台数が見かけ上、維持されているケースもあるようだ。

貨物量のリバウンドも予測、運賃は現行維持

需給の緩みにより、運賃市況にも影響が出始めている。ドライバー不足解消のための“原資”確保のため値上げ基調が続き、2月末には「標準的な運賃の告示制度」のタリフの原案も明らかになったところだが、一時的に値下げの動きも出てきた。荷主に「運賃はいくらでも合わせられるので仕事をください」と営業する例も見られるという。また、新年度に向けた契約運賃交渉では、一部に値下げの動きが出てきているほか、コロナショックの影響で交渉時期を後ろ倒しするケースも出ている。

一方で、トラック運送事業者が懸念しているのは、需要減の“反動”だ。ゴールデンウィークに向けて貨物量のリバウンドを見込み、「荷動きが低迷している間、ドライバー離れに拍車がかかったら、荷量が戻った時に対応できない――と荷主に説明し、現行の運賃水準を維持できるよう努めている」という事業者もいる。

需給のひっ迫がノーマルな状態に収束?

「トラックを確保できない」から「トラックが余っている」に反転している状況で、「余裕が生まれたことでスムーズな物流ができる」「トラックの待機時間が改善された」という声も聞こえてくる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響が当初予測より長期化する見通しの中、「これまでの需給のひっ迫がノーマルな状態に収束していくのでは」との見方もある。
あるトラック運送事業者の経営者は「ドライバーがいなければ〝お手上げ〟するしかないが、トラックも人も余っているのだから打つ手はある。『1台休車し、3人で2台を稼働させる』など効率的に車両を運用すれば固定費を抑えられる。新年度以降、覚悟していた人件費の上昇についても緩和される可能性もある」と展望する。

---------------------------------------

東京都の「休養要請」で該当しない職業も多数、有るとね。

トラック業界も死活問題とね。

 

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の影響はとどまるところを知らない。観光庁は、今年2月の訪日客が昨年に比べて58.3%減少したことを発表。東日本大震災後の62.5%に次ぐ減少率だという。旅客需要が大幅に減少するなか、特に大きな打撃を受けているのが航空会社だ。全日空ANA)は、大幅な運航本数減に伴い約5000人の客室乗務員を一時的に休業させる方針を固めた。また、スカイマーク東京証券取引所への再上場を延期する方針だという。現場で働く客室乗務員のリアルな声を聞いた。(取材・文=真島加代/清談社)

-------------------------------

どの業界もコロナウィルス騒動で死活問題とね。

東京都だけの飲食店だけでは無いとね。

 

少し、考えろと!!!

野次馬に成ってるとバカ騒ぎしてる人達とね。

 

それじゃねと!!!