cshosの日記

地震&私生活

首都直下地震発生なら避難者720万人、経済損失95兆円の被害予測

www.mlit.go.jp

home.tokyo-gas.co.jp

www.city.toki.lg.jp

全国各地で大雨が猛威をふるい、災害への備えがいかに大事かを思い知る機会が増えた。関東では定期的に地震が起こり、大地震への不安が膨らんでいる。首都圏には3000万人以上が暮らしているが、これほど人口が密集した都市への大地震直撃を人類はまだ経験していない。「必ず起こる」といわれる巨大地震からどう身を守るべきか。

被害損失95兆円「震度7」が東京を襲う可能性

 地球上のわずか0.28%の国土面積しかないにもかかわらず、世界で起こったマグニチュード6以上の地震の約2割は日本近辺で発生しており、わが国が地震大国であることは言うまでもない。

 近年、「史上最悪」といわれる被害が想定されているのが「首都直下地震」だ。国の地震調査委員会は2013年に開かれた会議で、「今後30年以内に70%の確率で起こる恐れがある」と発表した。

この首都直下地震は19のパターンが想定されており、震源地は千葉市横浜市さいたま市羽田空港など関東の主要エリアが並ぶ。その中でも、最も甚大な被害を与えるとされるのが「都市南部直下地震」だ。震度6強から震度7の揺れをもたらし、首都中枢機能に甚大な影響を及ぼす。

 これまでに震度7を記録した地震が発生したことのない東京の被害想定は、死者2万3000人、負傷者数12万3000人、避難者数720万人、経済損失は95兆円にものぼると考えられている。しかし、その被害は正しい知識を持ち、震災への備えを整えておくことで軽減させることが可能だ。

犠牲者の半数は火災が原因に

 想定される死者のうち、約半数の1万6000人は火災による犠牲者だという。東京大学生産技術研究所教授の加藤孝明さんが話す。

「住宅が密集している地域は運命共同体です。1軒から火が出て、そのまま放置すれば一帯に広がります。大事なのは『初期消火』。自宅や近所で出火したら、天井に火が回るまでは自力での消火を試みてほしい。そのために、どの家庭も消火器くらいは準備しておくべきです」

「避難所」と「避難場所」の違いも知っておくべきだ。震災後、火災などが落ち着いた後に避難生活を送る場所が「避難所」であり、小中学校などの施設が指定されていることが多い。だが、地震が発生した直後に駆け込むには危険な場所もある。

「火災が広がっている最中に小中学校などの施設へ避難すると、火に囲まれ、『輻射熱』で死んでしまう可能性がある。緊急時の避難は、開けた公園など『避難場所』として指定されているオープンスペースを目指してください」(加藤さん)

 火災が同時多発的に起こり、最寄りの避難場所までの逃げ道が閉ざされる恐れがある。また、震災は必ずしも自宅で遭遇するとは限らない。通勤先で被災する可能性も考慮し、ハザードマップで複数箇所の避難場所を前もって調べておくことが大切だ。

------------------------------

「2013年に30年間以内で2020年も30年間以内の言葉」とね。

東大の学者共、詐欺ペテン師のゴミ屑人間失格が多いとね。

 

2020-2013=7=確=23年間以内が正解と。

ハザードマップも数年単位で、ビルと道路が変わるので、分からないとね。

 

算数をできない!

引き算しろ!

 

このイカサマ詐欺ペテンデタラメの

東京大学生産技術研究所教授のクルクルパーのイカサマ詐欺加藤孝明キチガイ大先生と。

 

今度は東大のインチキ学者は「東京大学生産技術研究所教授の加藤孝明さん」とね。

 

火災でも起きてもそれぞれ、違う消火方法も有るとね。

http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/denkikasaitaisaku/1/pdf/sankou_2.pdf

 

それぞれの火災方法が違うし、消火方法を間違えると火事ねと。

火事予防で火災警報器を義務かね!!

これでも火事が起きるのか!

だったら、義務化しないよね。

 

理解が出来てると思うとね。

 

震度5以上だと都心部のガスが遮断され、火災が起きないと設定されるとね。

だから、ガス爆発は起きないと。

 

今の建物を建築する際、震度5~6以上の基準で有り、

それ以外だと建物を造る事は許可が下りないとね。

だから耐震強度も問題が無いとね。

 

首都圏直下型が起きてもねと。

 

もっと詳しく掲載したいが、

ダラダラと書きたくないのでね。

 

ズバリね!!

 

「首都圏直下型の存在は架空妄想願望」の存在ね。

学者共が存在し、仕事してるからね。

 

今になって、「首都圏直下型」は存在しないと言えないとね。

東京大学生産技術研究所教授の加藤孝明君が研究者として、

仕事を失い、「東京駅でホームレス」になりたくないからねと。

 

それが本音と!!!

 

今時、耐震強度や工事も終了し、火災警報器も設置を義務化し、

何処に死者数が「2万3000人?」。

 

バカまるだし、ペテン師学者の東京大学生産研究所教授の加藤孝明精神患者とね。

 

わては「死者数が100名以内と断言が出来ると100%の確率」で。

 

しかし、首都圏直下型よりも地球温暖化による、気温上昇が続き、

ヤバイと思うし、コロナの影響で感染症が増加が気になるとね。

 

いつ起きるか!分からない!

デマでオカルト妄想願望首都圏直下型地震とね。

 

存在自体、信じる方がおかしいとね。

 

それじゃねと!!!