FC東京柏レイソルを2-1で下し、前身のナビスコ杯09年大会以来、3度目の優勝を飾った。決勝は当初11月に予定も、柏で新型コロナウイルスの集団感染があり延期。異例の年明け開催となった。18年の長谷川健太監督(55)就任から初のタイトル。コロナ禍の中、リーグ戦、アジア・チャンピオンズリーグACL)を含め、過密日程をこなした。負傷者続出の厳しいシーズンだったが最後で栄冠をつかみとった。先制点を奪ったMFレアンドロ(27)が最優秀選手に輝いた。

   ◇   ◇   ◇

夕日が差す国立のピッチに、青赤ユニホームの男たちの雄たけびが響いた。11大会ぶりにつかんだ頂点。MF東主将の目には涙があった。長谷川監督はコーチらとがっちりと抱擁した。元日に高強度トレーニングを行うなど、正月返上で準備を進めてきた。就任3年目での初タイトルに「失点以外はすべてがはまった」と胸を張った。

前半16分にFWレアンドロが先制点。1度は追いつかれたものの、後半29分に途中出場のFWアダイウトンが勝ち越し点を決めた。守ってはリーグ戦で得点王&MVPのFWオルンガを完封。ボランチに入った大黒柱のDF森重は「オルンガをフリーにしない、そこに配球するクリスティアーノ、江坂の3人がキーになると思っていた。(CBの)オマリと(渡辺)剛と、3人でうまく封じられた」。攻撃中もリスク管理を徹底し、絶妙な距離感を保ってスペースを与えなかった。

コロナ禍による日程変更で、リーグ戦では19連戦を強いられた。夏には代表組のDF室屋、MF橋本が海外移籍で退団し、連戦の厳しさはさらに増した。補強もままならない中、長沢コーチが中心となって若手に奮起を促した。「プロは厳しい。最後は誰も助けてくれない。『明日でお前はクビと』言われてもやり尽くしたと思えるように」。はっぱをかけられ、出場機会を勝ち取った2年目のMF中村拓、新人DF中村帆らが準決勝での川崎F撃破に貢献。総力で戦い抜いた。

昨年12月にはACL出場のためカタールへ。当時は帰国後に2週間の自主待機があったため、この日の決勝に主力が出場できない可能性もあった。決勝トーナメント1回戦で敗れ、自主待機も解かれたとはいえ、最後までコロナに振り回されながら、残された最後のタイトルをもぎ取った。

G大阪時代に3冠も経験している長谷川監督は「タイトルを取るまでは大変だが、1つ取ることで他のタイトルが近寄ってくる」と話した。MF東主将は「これが東京にとってのスタート」。今季最終戦でのタイトルで21年のスタートダッシュを決め、「長谷川トーキョー」時代の足がかりを作る。【岡崎悠利】