cshosの日記

地震&私生活

立命館大学のイカサマインチキ学者の高橋学の本職は?、立命館大学内で裸で槍を持ち、ボンバーと騒ぎ、喚きする事が仕事とね!!

最大震度6強。13日夜の福島県地震で、多くの人が10年前を思い出したことだろう。実は2011年3月11日に起きた東日本大震災(M=マグニチュード9)の2日前、3月9日にはM7.3の三陸地震が発生していた。大震災の前震とされる。 地震頻発と異臭騒ぎには関連…“異常事態”日本列島で何が起きているのか  今回の地震はM7.3と規模も同じだ。後に巨大地震が襲ってくる前兆なのか。立命館大環太平洋文明研究センター長の高橋学教授に聞いた。 「11年の三陸地震は太平洋プレートに押された北米プレートがピョコンと跳ね上がって起きた『海溝型地震』で、2日後の東日本大震災も同じ原理でした。一方、今回の福島県地震は太平洋プレートに押された北米プレートが割れ、ずれて起きたと考えられます。海の深い場所で起きた『内陸直下型地震』というべきで、三陸地震とは種類が異なります」  高橋氏によると、3.11級の巨大地震が起きた場合、数十年単位で余震の発生が続く。余震は大きいものから小さいものまで、さまざまな揺れを生み出す。13日の地震もそうした余震の一環だ。高橋氏は余震である以上、東日本大震災で相当なエネルギーを放出したため、M9を超える規模の地震は当分起きないだろうとみている。 ■酷似する08年内陸直下型地震も3.11の前兆だった  では、安心していいのかというと、そうではない。気になるのが、08年6月に起きた岩手・宮城内陸地震との不吉な関連性だ。M7.2の大きな地震で、宮城県岩手県の一部では震度6強を計測した。 「このときも太平洋プレートに押された北米プレートが割れて、ずれました。今回の福島県地震と同じ原理です。問題は、この岩手・宮城内陸地震が長い目で見た場合、3年後の東日本大震災の前震とされていること。このサイクルから今回の地震も前震で、3年以内にM9とまではいかないものの、M8クラスの海溝型地震が襲ってくる可能性は高い。恐ろしいことに地震はいつ来るか予測できません。3年どころか、1週間以内に起きるかもしれないので、注意すべきです」(高橋氏)  油断しているときが一番危ない。当分は警戒が必要だ。

-------------------------

高橋学・立命館大教授の火山噴火予測は当たったか? - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

2017年10月06日 | 地震予知研究(高橋学・立命館大教授)
最近、高橋学・立命館大学教授という方が、「地震や火山の専門家」として週刊誌に取り上げられ、地震予測や噴火予測を次々と披露しています。これまでに、IWJ、日刊ゲンダイ週刊ポスト週刊プレイボーイ週刊女性といった雑誌が、この高橋学教授を取り上げ、すぐにでも巨大地震や大噴火が日本で起きるかのような不安感を煽る予測を、繰り返し紹介しています。

しかしながら、そのほとんど全てが、見事に大ハズレしています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。


 高橋学・立命館大学教授の地震・噴火予測は信用できるのか(2017年01月27日)
 http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/b7902d584591d5b4cd47789dac7d9976

 高橋学・立命館大学教授の「福岡で大地震」との予測、やはりハズレました(2017年05月23日)
 http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/c/6af27bdd0e9dc3badfc1c5716c2a16e1