cshosの日記

地震&私生活

インチキ老害バカ無能詐欺イカサマ偽物学者の中林君のオカルト妄想有頂天キチガイの首都圏直下型地震の想定とね!!!

首都直下地震の脅威を最新技術で映像化“どうすれば命を守れるのか”をふたたび考える

 

マグニチュード7.3、最大震度7の直下地震が首都・東京で発生した場合、どのような脅威にさらされるかを体感できる番組「体感再び 首都直下地震」(夜10:00-11:15、NHK総合)が3月22日に放送される。同番組は、2019年12月に8日間連続で放送されたシリーズ「体感首都直下地震」を再び体感するスペシャル版。30年以内に70%の確率で発生するとされる首都直下地震の脅威を映像化し、どうすれば命を守れるのか、ふたたび考える。司会を井ノ原快彦、小野文惠アナが務める。 【写真を見る】どうすれば命を守れるのか…“リアルすぎる”小芝風花出演のドラマも再び放送! また、小芝風花主演のドラマ「パラレル東京」を約1時間に再編集し、想定される大災害の被害の全貌を描く。発災からの4日間を、内閣府の被害想定と最新研究をもとにVFXでリアルに徹底映像化。首都東京は、日本は、一体どうなってしまうのかに迫る。ドラマには小芝の他、高橋克典伊藤淳史室井滋らが出演する。 ■「パラレル東京」あらすじ アナウンサーの倉石美香(小芝)は入局4年目。夜10時放送の「ナイトニュース」のスポーツコーナーを担当するサブキャスターだ。 平穏だったある日の午後4時4分、東京23区を震源とするマグニチュード7.3の大地震が突然発生。メインキャスターが地震に巻き込まれ行方不明となったため、美香はニュースの編集長である江口繁之(高橋)に自分が伝えたいと志願する。同時多発火災、ビル倒壊、大停電…。大混乱のニュースセンターで、未曽有の被害を伝え続ける中、自分の妹との連絡も途絶えてしまう。

----------------------------------------------

ドラマを録画で見たけどね。

おかしいとね。

 

特にビルが「首都高に倒れた」とね。

このシーンを見て!中林は「やっぱり、イカサマインチキオカルトバカ老害学者」と

認識とね。

爆笑したとね。

嗚呼、バカでイカサマインチキオカルトバカ老害偽物学者の中林君とね。

 

そこの「老害イカサマインチキ眼鏡バカ廃人老人学者の中林君」と。

 

普通、高速道路や首都高で隣接する建物を造る際、原則的に倒壊の際、

接触しないように法律で決まってるとね。

安全を守るの為とね。

でないと建築の許可が下りないとね。

 

そして、建物自体、正面からの崩壊しないように歩道や道路等の守るために

「縦に強く、横」で崩壊とね。

道路に立ってる家は、横で倒壊するとね。

そうしないと歩道で歩いてる人が危険とね。

 

だから、前のビルが「首都高の道を防ぐ、倒壊」するとなると、

違法建築物(手抜き工事と認定)とされ、業者が処分の対象になるとね。

 

これも「理解してないし、今時、震度5ライフラインが停止する事や液状化の問題やコンビナートの火災が発生」も理解してない!学者がいるとね。

 

呆れるバカ丸出しのイカサマオカルトキチガイ老害偽物学者の中林君とね。

 

NHKが国民から、放送料で造ったデタラメでインチキの首都圏直下型地震のドラマとね。

 

製作費は「2千万円」かとね!?

NHKさんとね。

 

デタラメでインチキ作り出し妄想の首都圏直下型地震のドラマの製作費を中林君に全部、負担してもらって、返金分の製作費の2000万円分を貧困家庭にNHKが配るとね。

 

嗚呼、ぶざまでインチキオカルトイカサマ首都圏直下型地震のドラマでしたとね。

 

それじゃねと!!