cshosの日記

地震&私生活

南海トラフ地震の災害ごみ2.5億トンと推計 環境省有識者会議南海トラフ地震の災害ごみ2.5億トンと推計 環境省有識者会議

将来発生が懸念される南海トラフ巨大地震について、環境省有識者会議は25日、最大の被害を想定した場合、災害ごみが計2億4731万トン発生するとの推計結果を公表した。従来の国の推計は最大3億4900万トンだったが、住宅の耐震化が進んだことなどを考慮して下方修正した。  それでも、2011年の東日本大震災で発生した量の約12倍、16年の熊本地震の約80倍に相当する。環境省は各自治体の初動対応の支援や、自治体間でごみ処理を融通する「広域処理」の体制強化を検討する。  新たな推計では、地震の揺れや津波で建物などが壊れ、震源に近い太平洋沿岸域を中心に四国地方で6966万トン、中部地方で6012万トンの災害ごみが発生すると試算した。また、近畿地方四国地方では家庭ごみなどの処理が滞り、震災後2カ月程度は災害ごみの処理が進まない恐れがあると指摘している。  一方、全国的な広域処理によって地震発生から3年以内にごみ処理は完了できる見通しだが、ごみを運ぶ船舶の確保が課題になると分析。陸上と海上の両面で具体的なごみ輸送計画を早期に検討する必要性を訴えている。【鈴木理之】

------------------------------------------------

イカサマオカルトキチガイ妄想瞑想キチガイ架空の南海トラフの存在。

誰も「南海トラフ」を目撃してないだし、

それを言ってる事自体、キチガイ妄想架空の大地震説とね。

南海トラフとね。

 

全地点の震度

↑の2月13日の福島県沖の震度6強の地震とね。

地球は自転とね。(右側)に回るとね。

台風も同じ感じとね、右側コースとね。

海溝断層も同じ構造とね。

四国は震度1でしょ!

と言う事は、伝わる力と弱ってくるし、断層帯が「強い」と証明が出来るとね。

 

地震情報(2018年04月09日01時32分発生)

↑が2018年の4月9日の島根県西部のM6.1=震度5強とね。

島根県西部で、四国エリアの震度1か2だよね、それで太平洋側の震度1だよね。

 

仮に島根県西部での地震で太平洋側が「震度4だったら、南海トラフ自体、は存在すると思うが震度1か2」でしょ!

 

この位なら、全然、起きないとね。

むしろ、既に終了した!「南海トラフ」とね。

 

何でもそうだけどね、必ず終わり、止まる所も有るとね。

それと同じとね。

 

後、海溝断層帯が「強い→崩れない→破断しない断層→連動しない=起きない」と証言が出来るとね。

 

「強い=大地震が起きない」と「福島県沖と島根県西部の地震」からも理解が出来てるとね。

 

だから、「南海トラフ自体、架空と妄想キチガイデタラメ瞑想大地震説」と。

-------------------------------------------

「富士山噴火と巨大地震」リスクが巨大になると人は思考停止に:日経ビジネス電子版 (nikkei.com)

 

>鎌田浩毅氏(以下、鎌田):それは間違いありません。2035年から前後5年、つまり、2030年から2040年までの間に、南海トラフ巨大地震というとてつもない災害がかなり高い確率で起き、その合間に富士山噴火と首都直下地震が加わるのではと私は考えています。

 

2035年~2040年迄に起きる???

 

ゴミを処理する方々の歳は???

「今、25歳の人が2035年は46歳で管理者の幹部は定年」とね。

これで指示が出来るかとね!

環境庁さんとね。

 

まだ、先のお話だし、今、考える事では無いとね。

 

南海トラフの「ゴミの処理」なんてとね。

-----------------------------------------

>鎌田:私は限りなく100%に近いと思っています。『2040年の未来予測』にも書かれていますように、国ですら、今後30年で南海トラフは「70~80%」で発生すると試算しています。それも、この数値は18年2月にそれまでの「70%程度」から引き上げられています。発生確率は確実に高まっているわけです。

 

「2018年?~2035年~2040年」。

 

17年~22年先とね。

 

仮にその間にウルトラコロナウイルスが起きた場合とね。

日本経済は破産して、南海トラフ騒動では無いとね。

ゴミも処理も出来ないとね。

 

こりゃ!困ったとね。

政府さんとね。

 

どうするとね!

環境省の皆さんとね。

 

東日本大震災後の各局の主な取組|東京都防災ホームページ (tokyo.lg.jp)

 

↑が2011年の3月11日に東日本大震災後の東京都の対応とね。

 

防災都市とあらゆる面で避難設備や土地を確保したけどね・・・

あれから、「10年後(2021年)」に設置した、防災器具とか土地の管理は、

全部、「未使用でゴミ化」になってるとね。

 

これでも信用するかとね!!!

バカ共(インチキオカルトキチガイ地震関連の学者)の戯言にとね。

環境省の皆さんとね。

 

それでどころか!今、コロナウイルスでいっぱいとね。

 

コロナ以上に恐ろしい「首都直下地震」がもたらす経済ショック 「東京一極集中」の知られざるリスク | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ | FRIDAYデジタル (kodansha.co.jp)

 

首都直下巨大地震の確率急上昇!これは絶対に来る! 東京46%横浜78%埼玉51%(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (ismedia.jp)

 

首都直下型地震はいつ起こる?気にしておくべき点と対策のポイント – 地震の窓口 – 地震のギモンを即解決! (jihoken.co.jp)

 

「首都直下Xデー」に急ぎ備えを – 京都大学 都市社会工学専攻 藤井研究室 (kyoto-u.ac.jp)

 

東京オリンピック中止も!? 「2020年までに首都直下巨大地震が起きる」 複数の科学者が指摘 (2017年1月12日) - エキサイトニュース (excite.co.jp)

 

東京強靭化――必ずやってくる「巨大地震」に備えよ | PHPオンライン衆知|PHP研究所

 

東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(2)「地震活動期」に突入している | アサ芸プラス (asagei.com)

 

京大・藤井聡教授が唱える「列島強靭化構想」 (tbsradio.jp)

 

 神戸新聞NEXT|連載・特集|阪神・淡路大震災|震災20年目| 砂上の橋脚 「基準」とは何か |覚悟と備え 私たちが問われている覚悟と備え (kobe-np.co.jp)

 

山里亮太編集長、首都直下地震を考える 「日本に安全なところはない」: J-CAST ニュース【全文表示】 (j-cast.com)

 

↑だけの「デマを流して、とんずをする学者共」とね。

 

これでも信用が出来るかとね!!!

環境省の皆さんとね。。

-----------------------------------------------------------------

温暖化とは?地球温暖化の原因と予測 | JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター

 

どこまで続くのか 海面の上昇

20世紀(1901~2010年)の間、海面は19cm上昇しました。
今後、地球温暖化に伴う海水温の上昇による熱膨張と氷河などの融解によって、2100年までに最大82cm上昇すると予測されています。

上がり始めた気温

IPCC第5次評価報告書(2014)によると、1880~2012年の傾向では、世界平均気温は0.85℃上昇しています。これは2001年に発表されたIPCC第3次評価報告書で示されていた1901~2000年の100年当たり0.6℃の上昇傾向よりも大きくなっています。
特に最近30年の各10年間の世界平均気温は、1850年以降のどの10年間よりも高温となっています。中でも1998年は世界平均気温が最も高かった年でした。2013年には2番目に高かった年を記録しています。

特に過去50年の気温の上昇は、自然の変動ではなく、人類が引き起こしたものと考えられます。
今後、温室効果ガス濃度がさらに上昇し続けると、今後気温はさらに上昇すると予測されています。IPCC第5次評価報告書によると、2100年末には温室効果ガスの排出量が最も少なく抑えられた場合(RCP2.6シナリオ)でも0.3~1.7℃の上昇、最も多い最悪の場合(RCP8.5シナリオ)の場合に最大4.8℃の上昇と予測されています。(いずれも、1986~2005年を基準とする)

どこまで続くのか 海面の上昇

ーーーーーーーーーーーーーーー

南海トラフよりも「地球温暖化での進行による、災害(台風とか、異常気象)に

対策」した方が良いと思うとね。