cshosの日記

地震&私生活

何で!毎年、30年間以内を大地震が起きるとマスコミを呼び、オカルト騒動と喚く!頭の脳みそに糞が詰まってる!平田直君とね!!

政府の地震調査委員会は、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した地図を公表しました。県庁所在地など都市部の多くは、揺れが強くなりやすい立地にあるとして、改めて備えを確認するよう呼びかけています。 こちらの地図は、地震の専門家が集まる政府の地震調査委員会が公表した『地震動予測地図』で、「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率」を色別に示したものです。 最も高い確率を示すのは赤紫色で、これらの地域では今後30年以内に26パーセント以上、100年に1回程度以上の頻度で震度6弱以上の揺れに見舞われることを示しています。 今後、南海トラフ巨大地震や千島海溝沿いの巨大地震の発生が懸念されている東海から四国にかけてや、北海道の南東部、また、房総沖の巨大地震や、首都直下地震の発生が懸念されている首都圏などで、特に確率が高い赤紫色の地域が多くなっています。 県庁所在地や主要な都市ごとでの確率では、高い順に茨城県水戸市役所周辺で81パーセント、北海道の根室市根室振興局周辺で80パーセント、高知県高知市役所周辺と徳島県徳島市役所周辺で75パーセント、などとなっています。 地震調査委員会の委員長を務める東京大学の平田直名誉教授は、「多くの都市部は揺れが強くなりやすい平野部にあり、家具の固定をするなど改めて備えを確認してほしい」と呼びかけています。 都道府県ごとの揺れに見舞われる確率や地盤の揺れやすさを示した詳しい地図は、防災科学技術研究所のホームページ「地震ハザードステーション」で公開されていて、自宅や職場、学校の住所からも検索することができます。

----------------------------------------------------------

コロナ以上に恐ろしい「首都直下地震」がもたらす経済ショック 「東京一極集中」の知られざるリスク | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

京大教授が警告! 20年に首都直下地震の衝撃データ | FRIDAYデジタル (kodansha.co.jp)

 

首都直下巨大地震の確率急上昇!これは絶対に来る! 東京46%横浜78%埼玉51%(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (ismedia.jp)

 

首都直下型地震はいつ起こる?気にしておくべき点と対策のポイント – 地震の窓口 – 地震のギモンを即解決! (jihoken.co.jp)

 

「首都直下Xデー」に急ぎ備えを – 京都大学 都市社会工学専攻 藤井研究室 (kyoto-u.ac.jp)

 

東京オリンピック中止も!? 「2020年までに首都直下巨大地震が起きる」 複数の科学者が指摘 (2017年1月12日) - エキサイトニュース (excite.co.jp)

 

東京強靭化――必ずやってくる「巨大地震」に備えよ | PHPオンライン衆知|PHP研究所

 

東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(2)「地震活動期」に突入している | アサ芸プラス (asagei.com)

 

京大・藤井聡教授が唱える「列島強靭化構想」 (tbsradio.jp)

 

 神戸新聞NEXT|連載・特集|阪神・淡路大震災|震災20年目| 砂上の橋脚 「基準」とは何か |覚悟と備え 私たちが問われている覚悟と備え (kobe-np.co.jp)

 

山里亮太編集長、首都直下地震を考える 「日本に安全なところはない」: J-CAST ニュース【全文表示】 (j-cast.com)

 

南海トラフ巨大地震の発生確率(算定基準日2016年1月1日)

 

領域または
地震
発生した地震規模
マグニチュード
地震発生確率 地震後経過率※ 平均発生間隔
10年以内 30年以内 50年以内 最新発生時期
南海トラフ M8~9クラス 20%程度 70%程度 90%程度 0.79 次回までの標準的な値
88.2年
70.0年

------------------------------------------

「2011年で30年間以内!2016年でも30年間以内!2021年でもさらに30年間以内」と言うオカルト騒動キチガイ平田直君の発言とね。

 

なぜ!数年以内とか!10年間以内とか!言えないのか!

脳みそにうんこが詰まってるらしい?平田直君とね。

呆れるイカサマインチキキチガイ脳みそとね。

--------------------------------------------------

政府の地震調査委員会委員長・平田直東京大名誉教授)は26日、全国地震動予測地図2020年版を公表した。前回まで除外していた東日本大震災(11年)の余震を考慮した影響で、太平洋側の東北地方では強い揺れに襲われる確率が軒並み増加した。福島市役所の所在地では「30年以内に震度6弱以上」の確率が前回18年版を2.2ポイント上回る9.3%。東海―九州沖の南海トラフ地震が懸念される地域では高い確率となったが、計算条件の見直しにより東端部に近い山梨県などで確率が減少した。  大震災から10年が過ぎた東北をはじめ、日本列島が全体的に大地震の危険が高いことを示している。

---------------------------------------

平田直!

毎年!引き算しろ!大地震が起きる確率や年数とね!!

できないなら、ペテン平田直君かとね!

 

バカ丸出し精神患者学者の引き算もしないオカルトイカサマの平田直君とね!!

 

大笑いとね!わてとね!!!

 

それじゃねと!!