cshosの日記

地震&私生活

また!コイツかとねち!立命館大学の人間犬人造学者のワンワンと吠える!バカなのにイカサマインチキバカ丸出し地震予知の才能が無い、高橋学君の戯言とねち!!!

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

立命館大の高橋学特任教授(災害リスクマネジメント)は「南海トラフだけではなく、東は相模トラフから西は琉球海溝にいたる広い範囲での大地震が起こる可能性が高まっている」と指摘する。特に注意して見ているのが、震源の深さ40から60キロなどの深いところで起きる強い地震だ。西日本の大地や首都圏の下には太平洋側からフィリピン海プレートが沈み込んできており、このプレートの境界で起きる地震を見ている。  静岡県から愛知県、和歌山県南海トラフ沿いの地域や、鳥取から広島を通って宮崎県東部沖の日向灘に至るエリア、さらには宮古島沖縄県)や台湾などでもプレート境界で強い地震が増えているという。  高橋特任教授はこう見る。 「16年に熊本と鳥取、18年に大阪などで大きな地震が起きているが、これは巨大地震の兆候とみなしている。1946年に起こった南海地震でも、1943年の鳥取地震から1948年の福井地震まで大きな地震が続きました。各地の地震や鹿児島の諏訪之瀬島桜島などの噴火も巨大地震のサインと考えるべきです」  巨大地震はいつ起こっても不思議ではない。備えておこう。 (AERAdot.編集部・吉崎洋夫)

---------------------------------------------

高橋学・立命館大教授の火山噴火予測は当たったか? - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大教授の火山噴火予測は当たったか? - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)