cshosの日記

地震&私生活

京都大の西浦教授や東大のパシリ(准)の数学学者がコロナウイルス感染予想がおかしくしてるとねち。

政府の分科会もこの1年間、何をしてたのか!コロナウイルスの対策に。

 

やり方を変えないとねち。

 

例えば、「1か月を丸ごとの緊急事態宣言」を出すよりも「数か月先のカレンダー」を出した方が良いと思うとねち。

 

1か月、最初の3週間は「緊急事態宣言」で休業要請。

4週間目の1週間だけ、「緊急事態宣言」を解除。

2週間のコロナウイルスの待機も終わるし、問題が無いとねち。

医療従事者や働く皆さんには、予定ができるとねち。

 

出来ないから、社会がおかしくなってるとねち。

分科会の皆さんとねち。

 

その後にまた、「3週間だけの緊急事態宣言」とねち。

その繰り返しを出来なかったとねち。

 

分科会のメンバーの皆さんとねち。

 

もう少し、ご自分等の一人一人の「1年間の成果の通信簿」も見ないとねち。

何処で感染し、どのように防ぎ、出来てないし、不満が有るから、

コロナウイルスがまだ、終息しないとねち。

 

結局はワクチン頼みとねち。

東京オリンピック後のコロナウイルスは終息しないとねち。

 

どうするとねち!

分科会の皆さんとねち。

 

隔週で「緊急事態宣言」を出すか!

それとも東京オリンピック終了後も「緊急事態宣言」を再び、出すかとねち。

 

ハッキリすべきとねち。

 

分科会の皆さんとねち。