【1月22日 AFP】つい先日、開催中の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2011)で、女子テニス世界ランク1位のカロリーネ・ボズニアツキ(Caroline Wozniackiデンマーク)が「会見が退屈」との記者団からの嫌味に反撃して話題をさらったばかりだが、テニスの試合後の会見には昔からユニークなものが多い。

■お騒がせといえば「悪童マッケンロー」

 おそらく最も「悪名高い」記者会見は、1981年のウィンブルドン選手権でのジョン・マッケンローJohn McEnroe、米国)の会見だろう。なんとこの会見では、最終的に記者同士が殴り合いのけんかを始めてしまった。

 その日、マッケンローのコート上での芝居がかった行動をめぐり、意見のあわない英国人記者と米国人記者の間に険悪な雰囲気が漂っていた。

 そういったなかで英国人記者のナイジェル・クラーク(Nigel Clarke)氏がマッケンローにガールフレンドのことを質問。「Superbrat(スーパー駄々っ子)」ことマッケンローは記者に罵声を浴びせて部屋を飛び出してしまい、それをきっかけに記者の間で乱闘が始まった。