cshosの日記

地震&私生活

香川大学の本山紘希・特命准教授は「地震の揺れと建物への影響」を研究をしています。

30年以内に70パーセントから80パーセントの確率で起きるとされている南海トラフ地震香川県は最大震度7岡山県は最大震度6強と予測されています。 (香川大学/本山紘希 特命准教授) 「南海トラフ地震は海洋型の地震なので長い地震。数分にわたってそういった揺れに見舞われる可能性がある」  香川大学の本山紘希・特命准教授は「地震の揺れと建物への影響」を研究をしています。  揺れの大きさは地盤の固さで変わります。 (香川大学/本山紘希 特命准教授) 「深さ30メートルより浅いところで決まってくると言われていますね。海岸沿いであれば埋め立てしているようなところ、河川沿いがまずは問題になりやすいところかなと思います」  高松市の場合は、屋島栗林公園の周辺は地盤が固く揺れにくいんですが、市街地は海に近く揺れやすいそうです。

-----------------------------------

また!「30年間以内」だと・・・・・

 

はぁ!また、出たよとねち。

 

ゴキブリダニの特バカパシリ准教授とねち。

 

今から、「30年間以内?2051年以降」かとねち。

わては、あの世に逝ってるし、どうでも良いとねち。

 

>「地震の揺れと建物への影響」を研究をしています。

 

あっそ、ご苦労さんとねち。

 

南海トラフいつ、起きるか!知りたいとねち。

まさに知恵遅れ、ご自分のお仕事をアピールかとねち。

 

これで年収が「1千万円の報酬」だと・・・・

堪らんな!

 

南海トラフバブルの研究ゴッコとねち。