cshosの日記

地震&私生活

川崎F クラブ初ACL6連勝、大邱戦から先発10人入れ替えも“控え組”躍動4発大勝

I組で既に首位突破を決めていた川崎Fは11日、最終戦北京国安(中国)に4―0と快勝。クラブ史上初の6連勝で、勝ち点を18に伸ばした。前半21分にFW知念慶(26)が先制点を挙げると、MF小塚和季(26)が移籍後初ゴールを含む2得点。またH組2位のG大阪は10日の最終戦で首位の全北(韓国)に1―2で敗戦。2勝3分け1敗の勝ち点9にとどまり、今大会の日本勢4チームで唯一、決勝トーナメント進出を逃した。

 鬼木監督は8日の大邱戦から先発10人を入れ替え。“控え組”がこぞって躍動した。今季大分から加入の小塚が前半37分に移籍後初得点を決めると、3―0の後半24分に2点目をマーク。高卒2年目のMF宮城も1得点2アシストの活躍を見せた。高卒新人のDF田辺もプロデビューを飾るなど、まさにチーム一丸で6連勝。宮城は「環境が違う中、厳しい戦いでしたけど、チーム全体で戦えたことが良かった」と振り返った。

---------------------------------------------------

この試合がラストに三笘が東京オリンピック後、海外に旅出すのかとねち。

何か、寂しい感じだけどねち。

 

しかし、近年、フロンターレは海外に行く人が増えたとねち。

テセ・田坂・三好・板倉・守田・今度は「田中碧と三苫」かとねち。

凄いチームなった感じとねち。

f:id:cshos:20210712141144j:plain

田中碧の代わりは「大島」だし、三苫の代わりは「橘田」だとねち。

役者が豊富に成ったとねち。

f:id:cshos:20210712141247j:plain

話が変わるけど、「浦和の藤原選手」が「J2の相模にレンタル中」。

わては高校生選手権の決勝戦を見たけどね、テレビで。

f:id:cshos:20210712141450j:plain

良い選手だと思うけどねち、藤原選手とねち。

 

槙野選手の後釜で良い人材が「J2の相模原」へ、レンタル。

来年は浦和に戻るだよねち。

藤原選手とねち。

 

何か、もったない感じとねち。

浦和がとねち。