風邪薬が効かなくなった場合に考えられること

1) 症状に合っていないお薬を飲んでいる

市販の風邪薬にも、発熱、喉の痛み、咳、痰、鼻水・鼻づまり、頭痛など、様々な症状に対するお薬があります。

ご自分の症状に合ったお薬でないと、その効果は期待できません。

薬局・ドラッグストアなどで市販の風邪薬を購入する際には、ご自分の症状を薬剤師の方に相談し、購入することをおすすめします。

また、風邪でも、最初は熱が出ていたけれど、段々と咳がひどくなってきた、など症状の変化もありますので、それに合わせたお薬を選択しましょう。

2) 風邪の症状が悪化している

そもそも風邪の症状が悪化しており、お薬が効いていないように感じている可能性があります。

症状が悪化すると、ますます治りづらくなってしまうため、症状が悪化しているようでしたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

3)肺炎など他の病気が原因

肺炎などの他の病気が原因の場合があります。熱や咳がずっと続いている場合は、「もしかして肺炎になっているのでは」「他の病気なんじゃないか」と疑うようにしましょう。

風邪と間違いやすい病気として、インフルエンザ、細菌性肺炎(肺炎球菌、マイコプラズマなどが原因)、気管支・細気管支炎(マイコプラズマ、クラミドフィラ、RSウイルスなどが原因)、喘息、結核などがあります。

その場合は、市販薬では効果がありませんので、早めに医療機関を受診し、治療を少しでも早くはじめることが大切です。

4) お薬の耐性について

同じお薬をずっと飲み続けていると、効かなくなってしまうのではないかと思っている方がよくいらっしゃいます。

しかしそれは薬局で買うことのない一部の特殊なお薬(フェノバルビタールモルヒネなど)に起こりえることで、基本的には、指示どおりにお薬を飲んでいる場合、お薬が効かなくなることはないと言われています。

そういった可能性がある場合は、治療に影響がでないように医師や薬剤師が微調整をしながら慎重にお薬を選択します。

そのため、通常の市販の風邪薬では、お薬が効かなくなった場合は、体調の変化や他の病気を疑ったほうが現実的です。

市販の風邪薬は効かない?

市販の風邪薬は効果がない、と思われている方も中にはいらっしゃいますが、市販の風邪薬はしっかりとした効果が期待できるものもあります。最近では、医療用と同じ成分が含まれているもの(スイッチOTC)も多くなってきており、医療用と同等の効果が期待できるお薬もあります。

基本的に、風邪薬は、「風邪自体を治す」のではなく、「症状を緩和させる」ことが目的となります。そのため、症状がつらいときにお薬を服用し、よく「休養」して、自分の免疫力を高め、風邪を治すことが重要になります。しっかりと休養をとるようにしましょう。

ただ、お薬の効果や副作用には個人差がありますので、ご自分にとって合うかどうかはありますので、主治医や薬剤師の方と相談しながら、服用することをおすすめします。

【注意】風邪薬が効かないと感じたときにしてはいけないこと

過量投与

お薬が効かないからといって、通常の指示されている量以上の薬を飲むことは絶対にしないようにしましょう。
副作用のリスクが高まり、体に悪影響を及ぼす可能性があります。多くの感冒薬にはヒスタミンH1受容体拮抗薬というものが入っており、これによって強く眠気を感じることもあります。たくさん服用して効かないから運転して病院に行こう、なんてことがないようにして下さい。交通事故を起こすリスクもあります。

また、同じような効果をもつお薬を併用して飲むことにも注意しましょう。例えば、頭痛症状に効くといわれる風邪薬を飲んでいて、頭痛が治らないからといって他の頭痛薬を追加で服用しないようにしましょう。
同じような効果をもつお薬を飲むと成分が重複してしまい、副作用が強く出てしまう可能性があります。併用して服用する場合は、お薬の成分をしっかりと確認するようにしましょう。

病院に行かない

症状の悪化が考えられることや、感染症や他の病気が原因であることなどが考えられるため、風邪薬が効かないと感じた場合は、必ず、医療機関を受診しましょう。

対応が遅れると、自分以外の誰かに感染を拡げてしまったり、症状が治らないばかりか、ひどくなる可能性があります。できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。

また、病院で処方されたお薬を服用している場合でも、風邪症状が改善しないと感じた場合は、再度病院を受診し、医師に相談しましょう。

おわりに

参考になりましたでしょうか?

ずっと症状が続いており、風邪薬が効かないと感じたら、直ぐに医療機関を受診することが大切です。

原因がしっかり分かっていないと、どれだけ市販の風邪薬を飲んでいても一向に症状が改善せず、ただただ悪化してしまう可能性があります。

また、風邪薬に限らず、お薬全般に言えますが、お薬が効かないからといって、通常の指示されている量より多く薬を飲むことは絶対にやめましょう。
------------------------------------------------
コロナウィルスに感染した場合、市販薬の解熱鎮痛剤では無理とねち。
 
それじゃねち。