cshosの日記

地震&私生活

年齢、喫煙で抗体量減 コロナワクチン接種3カ月後 国立病院機構宇都宮病院調査

年齢、喫煙で抗体量減 コロナワクチン接種3カ月後 国立病院機構宇都宮病院調査|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|新型肺炎-COVID19-|下野新聞 SOON(スーン) (shimotsuke.co.jp)

 

新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、高齢者や喫煙者は接種完了後の3カ月後に抗体の量が大きく低下する傾向にあることが10日、国立病院機構宇都宮病院の調査で分かった。感染力の強い変異株「デルタ株」が広がる中、高齢者や喫煙者は若者らに比べ、ワクチン接種後も時間がたつと感染リスクが高まる可能性がある。一方、担当者は「接種後は感染しても抗体ができやすく、重症化を防ぐ効果はある」と有効性を説明し、3回目の接種体制づくりの必要性を訴えた。

 同院呼吸器・アレルギー内科のチームが、2~3月にファイザー社製のワクチンを2回接種した同院職員378人を対象に、免疫機能の強さを示す「抗体価」を調べた。

 発表によると、51~64歳の職員6人の抗体価は2回目の接種から2週間後に10~20倍へと上昇した。しかし、接種から3カ月後には3分の1~5分の1程度に低下していた。

 3カ月後の抗体価の中央値を年代別に比較すると、年齢が上がるにつれて低下し、60~70代では20代に比べ半分程度となっていた。

 年齢差を補正し、喫煙習慣の有無で比べると、喫煙者は非喫煙者や禁煙した人と比較して抗体価が低かった。飲酒習慣や生活習慣病については、年齢を調整すると統計学的な差はみられなかった。

 どの程度の抗体価があれば、感染や重症化の予防に有効かは明らかになっていない。しかし今回の研究結果について、責任者の杉山公美弥(すぎやまくみや)副院長は「ワクチンを2回接種しても感染の可能性があるという裏付けになる」とみる。

 モデルナ社製のワクチンについても、「同様の結果が得られると考えられる」とする。その上で「感染予防効果を維持するため、定期的なワクチン接種が必要」と指摘し、「早期に3回目の接種体制を検討するべきだ」と話した。

 喫煙の影響については「はっきりした理由は分からないが、B型肝炎ワクチンでも同様の研究結果がある。これを機に禁煙を進めてほしい」と呼び掛けた。