今年に入ってから関東地方の内陸と近海周辺で地震の発生が相次いでいます。火山の噴火兆候や異臭騒ぎなど、地震の「前兆」と思われる現象も多数報告されていますが、以前より囁かれている「首都直下型地震」は近く本当に発生するのでしょうか? MAG2 NEWS編集部では今回、今年6月に千葉県沖で発生した地震と、大正時代の「関東大震災」との関連性を公表した地質学の専門家に、令和の「関東大震災」の前兆、そして長年の研究の中で浮上した「日本沈没」の可能性についてもお話を伺いました。

三浦半島で今年3度目の「異臭」騒ぎ。首都直下地震の前兆か

神奈川県横須賀市で21日午前、今年3度目の異臭騒ぎが発生した。住民から「ガスの臭いがする」という119番が約40件も相次いだという。横須賀市と同県三浦市では6月、7月にも同様の異臭発生による通報が多数寄せられていたが、いずれも原因は不明のままだ。ネット上には「過去一番にガス臭い」「横須賀、また異臭がする」といった投稿が相次いでいる。

そして、この異臭と関連付けられているのが、関東を震源とする首都直下地震の発生である。

巨大地震の前兆現象のひとつに「臭い」が含まれていることや磁石の磁力低下などの地震の前兆現象については弊サイトでも既報だが、ここまで異臭や磁力の低下、浅間山の噴火などの宏観異常現象が続くと、関東周辺での直下型巨大地震発生がいよいよ現実味を帯びてきたと言えるだろう。

Xデー間近?1923年と2020年の「千葉・銚子沖地震」に奇妙な符合

その関東直下地震の「予兆」を裏付けるデータを公表した人物がいる。過去に駿河トラフおよび日本海溝で「しんかい2000・6500」による潜航調査などを実施してきた、地質学研究者で理学博士の静岡大学理学部地球科学教室 名誉教授・新妻信明(にいつま・のぶあき)氏だ。

新妻名誉教授は、自身のホームページ「新妻地質学研究所」に7月24日、千葉県銚子沖の九十九里スラブ(海洋プレートがマントル中に沈み込んだ部分)下面で6月25日に発生したM6.1の地震発生について、1923年9月1日の関東大震災の前にも銚子沖で同規模の地震が発生していたことを、過去の詳細なデータとともに公表した。以下、新妻氏の解説を引用しよう。

2020年6月25日に起こった銚子沖の地震M6.1は九十九里スラブ最大CMT規模であり、関東地震の再来が心配される。1923年9月1日大正関東地震M7.9の前年1922年1月から開始された定常地震観測によると、銚子沖の地震が関東地震の1-3月前に起こっており、台湾から琉球そして西南日本と関東域では今後の地震活動を注意深く見守るとともに、厳重な警戒が必要である。

つまり、大正時代の関東大震災の前震を根拠として、今年6月に発生した銚子沖のM6.1地震から1〜3カ月以内(8月初旬〜9月23日頃まで)に、関東周辺で地震が発生する可能性を指摘している。

では、あと1カ月程度の期間内に関東大震災と同規模の地震が関東周辺で発生する可能性はあるのか? 新妻氏にお話をお伺いした。

気象庁データで判明、関東大震災の前に起こる「7つの前震」とは

「関東地震南海トラフ地震とともに地震予報の最大の対象ですので、7月24日のホームページの記事で詳しく述べました。その中で用いた表と図は、気象庁の震度分布データベースに基づいて作成した、大正関東地震前の地震活動です」(新妻名誉教授)

下記は、気象庁のデータベースをもとに新妻氏が作成した、大正関東地震以前の相模トラフ域観測地震を示した図である。左地図の「0」と書かれた部分が大正時代の関東大震災震源地だ。

Fig375cSagamiObs_pre19230901