cshosの日記

地震&私生活

どうするとねち!猿人老害バカ廃棄物学者の日本ボス猿会の会長?松田時彦・東大不名誉大教授!3

地震本部とは | 地震本部 (jishin.go.jp)

 

地震調査研究推進本部の紹介

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の経験を活かし、地震に関する調査研究の成果を社会に伝え、政府として一元的に推進するために作られた組織です。


地震調査研究推進本部とは



ひとめでわかる地震本部の活動



関係機関との役割



活動状況



各委員会とその役割

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地震関連には「から予算」が有るとねち。

この間も述べたように「6月~8月」に来年度の地震関連の決め、11月中頃

国から、具体案の研究費予算が出るとねち。

 

個人の研究費や大学等をそれぞれの研究成果によって違うとねち。

 

その為、予算を得る為とデマを基本として、研究成果の意味で「8月」に騒ぐとねち。

 

どうするとねち!猿人老害バカ廃棄物学者の日本ボス猿会の会長?松田時彦・東大不名誉大教授!

 

松田 時彦 (Tokihiko Matsuda) 先生 | 日本地球惑星科学連合 (jpgu.org)

 

この予算を「100分1程度(推測で600億円6億円)にすれば、

 

毎年、「南海トラフ&富士山の噴火や首都直下地震」と騒がないとねち。

 

研究費自体、出ないし、調査費が出ないからとねち。

 

それに近年、なぜ?「8月に大地震説や大噴火説」で騒ぐ事と疑問を持てば、簡単とねち。

 

東京大学[地震防災研究]……地震研究所・古村孝志研究室|大学受験パスナビ:旺文社 (evidus.com)

 

「8月に国からの来年度の予算を請求する際の材料」になるからとねち。