cshosの日記

地震&私生活

【予言】8月11日、18日、25日辺りに富士山噴火か巨大地震か?「魔の水曜日」で日本が真っ二つ…“10年と46分”の法則も

【予言】8月11日、18日、25日辺りに富士山噴火か巨大地震か?「魔の水曜日」で日本が真っ二つ…“10年と46分”の法則も (tocana.jp)

 

【予言】8月11日、18日、25日辺りに富士山噴火か巨大地震か?「魔の水曜日」で日本が真っ二つ…“10年と46分”の法則も

  •    
関連キーワード:

 

――予言研究家・白神じゅりこが寄稿! 


 筆者は以前、東日本大震災をはじめ、「2020年東京オリンピックが開催されない」「新型コロナウイルスによるパンデミック」までをも的中させた松原照子氏に取材させていただき、本サイトにもインタビューを掲載した。そこで松原氏は「幼い頃から視える力を持ち不思議な世界の方々がいつもそばにいた」と語っていた。

 そんなナンバー1予言者・松原氏は「魔の水曜日」に日本を分断する地震が起きると予言している。そして、「魔の水曜日」ではないかと思われる日が近づいてきていることをお伝えせねばならない。

 

■日本列島分断の予言「魔の水曜日」は
「日本の真ん中」の「フォッサマグナ」で起こる?

 松原氏は、1987年に初の著書『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)で「魔の水曜日」予言をしている。

アマゾンより引用

カレンダーの日付が赤くなる水曜日に関東地方でM6.8以上の地震が起き、高さ80m以上の津波に襲われ、そして「糸魚川―静岡構造線断層帯」に沿って日本列島が分断されてしまうという”

 というものだ。

 「糸魚川―静岡構造線断層帯」は、「フォッサマグナ」といわれる本州中央部を南北に横断する地溝帯の上にある。

 「フォッサマグナ」には富士山を含むたくさんの活火山と活断層がある。さらには、北アメリカ、太平洋、フィリピン海と3枚のプレートがひしめき合っている。

 「日本の真ん中」であるここが本気で揺れれば、松原氏が予言するように、日本はまっぷたつに分断されるであろう。

 


■日付が赤くなる魔の水曜日は 8月11日? 18日と25日も警戒?

画像は「Getty Images」より引用


 松原氏が指摘する今年のカレンダーの日付が赤くなる魔の水曜日は、5月5日「こどもの日」、8月11日「山の日」、11月3日「文化の日」がある。

 5月5日は平和に過ぎた。魔の水曜日と思われるので直近では8月11日となる。

 しかし、今年の「山の日」は東京オリンピックの関係で、11日から閉会式がある8日に移動している。また、8月8日は日曜日なので、翌日9日が振替休日になっているのだ。

 ただ、五輪の延期が突然に決まったため、修正が間に合わなかった8月11日「山の日」の祝日扱いのままのカレンダーや手帳が多く出回っている状態だ。

 筆者のカレンダーも8月11日「山の日」と赤く印がついたままである。今年の8月11日は通常では起こり得ない不思議な赤い水曜日なのである。

 ただ、筆者は「六曜」(毎日の吉凶占い)で見た場合、水曜日である8月18日・25日も警戒している。18日水曜日は「大安」と赤い字で記されている。大安は縁起が良いとされるので巨大地震が起きるとは考えにくい。そして、25日水曜日は「赤口」である。「赤口」は「仏滅」よりも不吉とされる大凶の日であり、すべてが消滅すると言われている。カレンダーに赤字では書かれていないものの「赤」という文字が入っている「赤口」の水曜日はまさに日本滅亡にはふさわしい日ではないか?

 仮に松原氏が予言するように、日本列島が「フォッサマグナ」のところで分断されるような巨大地震があれば、当然、東京も無事ではないし、東京オリンピックどころではなくなるだろう。

フォッサマグナ」で形成された富士山も地下のマグマ溜まりが刺激を受けて大噴火を起こしてしまうかもしれないのだ。

◆10年周期の法則 2021年8月11日◯時46分大地震


 今年は特に10年周期の法則で、大事件、または大地震が起きる年とされている。

 2001年9月11日午前8時46分 アメリカ同時多発テロ事件
 2011年3月11日午後2時46分 東日本大震災
 2021年◯月11日◯時46分   ?

 なのでこの8月11日◯時46分に何かが起きてもおかしくはないだろう。

 7月29日15時16分頃、アリューシャン列島(米国、アラスカ半島)でM8.1の巨大地震が起きた。太平洋の広域に津波の危険性があるとされ、日本への影響は心配されたが、何事もなく無事であった。

 しかし、過去を振り返ると、リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)に位置するアリューシャン列島で大きな地震があった場合、数週間〜数ヶ月後に日本でも大地震が起こったことがあるという。

 1946年、アリューシャン列島M 7.8の巨大地震があったあとに、同年の1946年12月21日、昭和南地震M8.0が発生している。つまり今、日本は今日明日にでも巨大地震が起きてもおかしくはない状況だ。普段から備えておくことは大事だが、直感力を磨いて、危機を回避する能力も高める必要があるだろう。

 

 最後に、筆者がふと思ったことだが、書き記しておく。

小んなうた 亞んなうた/日本コロムビア

小林亜星の死とマンデラエフェクト 誕生日の8/11巨大地震の暗示?

 作曲家の小林亜星氏(88)が5月30日に、心不全で死去したと、この6月14日に報道があった。しかし、ネットでは、随分前に小林氏が死んでいたと思っていた人が大勢いて、騒然とした。「数年前に小林亜星の追悼番組を見た」「小林亜星死去のニュースを昔に見た」という人もいたのである。

 こういった集団の記憶違いをマンデラエフェクトという。南アフリカの指導者ネルソン・マンデラが1980年代に獄中死したと思い込んでいた人たちがいたのだが、実際には2003年まで生きていた。このように、小林亜星氏死去の記憶違いも単なる集団記憶違いとして片付けてもいいのだが、筆者が気になったのは小林亜星氏の誕生日が1932年8月11日であったことだ。小林亜星氏は頑固親父役として『寺内貫太郎一家』(TBS)に出演。番組内で、「ちゃぶ台返し」をいていたので、日本がひっくり返る「ちゃぶ台返し」つまり、大地震が起きることの暗示であろうか? と思ってしまった。

 

 

文=白神じゅりこ

★白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。

白神じゅりこ運営のYou Tubeチャンネル『滅亡ちゃんねる』
執筆記事の解説など、旬な都市伝説・オカルト・スピリチュアル情報を発信!

DEEP RED YouTubeチャンネル『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』

・ ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月20日「富士山噴火説」。的中率9割の予言書が明示する恐怖に抗う術は | 日刊SPA!

 

火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅) | ブルーバックス | 講談社(1/2) (ismedia.jp)

 

# 火山活動# 地震# 日本列島

 

--------------------------------------------------

このインチキだった!

8月20日の富士山の噴火説を謳った犯人は!!!

 

京都大オカルト妄想キチガイ老害クルクルパー天下り名人の地震予知の才能が0でミドリムシ人造改造人間鎌田浩毅君するとねち