cshosの日記

地震&私生活

2021年、ついに起こるか…? 富士山大噴火「Xデー」の危ないサイン

2021年、ついに起こるか…? 富士山大噴火「Xデー」の危ないサイン(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/2) (ismedia.jp)

 

# 災害

 

 

雪が積もっていない

「毎年、12月にもなれば富士山の山頂付近は雪で白く染まります。ところが、昨年は雪がほとんど積もっていませんでした。初めて見る光景なので、住民はみんな不安でたまりません」静岡県沼津市在住の男性)

富士山に異変が起きている。12月下旬になっても、夏のような黒い山肌が目立っていたのだ。同時期に伊豆諸島で震度5弱などの地震が相次いだこともあり、これは噴火の「予兆」ではないかという声が専門家からも上がっている。

 

「一昨年から、富士山の裾に広がる河口湖の水位が低くなっているというニュースが話題になるようになりました。

マグマの上昇によって地表近くの岩盤の亀裂が広がれば、水が吸い込まれるため、水位は下がります。こうした異常現象が、富士山の噴火に連動している可能性は高い」

コロナ禍が収まらない中で噴火が起きたら、日本は大パニックに陥る。

「首都圏に大量の火山灰が降ったら、携帯電話の基地局の電源が落ちてスマホやネットも使えなくなる。あらゆる経済活動はストップするでしょう」(島村氏)

有史以来の大災害となることは間違いない。

週刊現代』2021年1月9・16日号より

-----------------------------------------------------

??????