cshosの日記

地震&私生活

(´・ω`・)エッ?たたんの勝手な大きな災害規模の推測予想とねち。頭がおかしい精神患者のイカサマインチキ建築家の福和伸夫君とねち。

近年、建築構造や災害予防(南海トラフ&首都直下地震&富士山の噴火説)とねち。

それぞれの時期(春夏秋冬)も有り、

被害総額は推測が難しい。

 

★ 災害発生時の時間帯による、被害総額とねち。

 

深夜(午後11時59分~午前4時頃)に大きな地震の対応

 

1,皆さんは大抵が家にいると思うので人災(帰宅困難者)はあんまり、いないと思うとねち。

 

2,ガスや水道や電気は「一定時間」は止まるが・・・

復旧が遅くなる、人の修理等の動き等で。

 

3,交通関係

 

電車やバスも走ってないので走行中にトラブルが発生しずらい。

 

この間に首都直下地震南海トラフや富士山の噴火、仮に起きても災害規模が少ないと

推測される。

 

★早朝(午前5時~午前10時)頃迄の大きな地震の対応

 

1,人の移動や流れが多く、2番目に危険な時間帯

 

特に公共交通利用際、想像を超えるパニックが推測される。

電車やバスやエレベーターや車等に閉じ込まれる可能性が高い

避難等が難しい。

 

被災者された場合の病院等で手当ての遅れや取り残される可能性が高い。

 

2,ライフラインの水道(配管等の交換していれば)やガスは大丈夫だが・・・

 

電気関係の復旧が長引く可能性が高い。

 

3,これらの推測から、午後11時59分~午前4時迄の災害規模に比べて、

1.43倍以上が推測される。

 

★(午前11時~午後4時)の大きな地震の対応

 

1,お昼ご飯時期や学生さん達の帰宅時間帯で有り、人が動く、流れる。

 

この時間帯に首都直下地震南海トラフや富士山の噴火が起きると

災害規模が予想を大きく上回る可能性が有り。

 

2,ライフライン

 

ガスや水道には問題が無いが・・・

電気等に修理や復旧が長引く

 

この時間帯での災害推測が午後11時59分~午前4時頃に比べて、

1.65倍に膨れ上がる。

 

★(午後5時~午後11時)迄の大きな地震の対応

 

この時間帯での災害時が一番、怖いと推測される。

 

あらゆる面、災害が大きくなると。

 

春夏秋冬で「春や夏は夜が明けるの」が遅いが・・・

冬の時期だと「津波等が発生した場合、暗くて、見えない」為、

避難等に問題が生じ可能性が有り。

-----------------------------------------

 

★結論

 

春夏秋冬時期に大地震や大津波が発生してもそれぞれに異なる状況も有り、

被害や被害状況は推測でも分からない。

 

それぞれの春夏秋冬に異なるから・・・

 

災害規模の予想は不可能。

 

ましてや災害通信も進化してるので、

地震予知さえ、出来れば、災害規模は縮小される。

 

 

首都直下地震が起きた場合でも

時間帯災害異なる

 

南海トラフや富士山の噴火。

 

だから、意味不明の清水建設から、

リストラになり?

 

名古屋大のパシリ3号の福和伸夫君は、

頭がおかしいとねち。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

春夏秋冬一律災害規模同じだ限らない