cshosの日記

地震&私生活

名古屋大学の福和伸夫教授(地震工学)は、都市における土地利用のあり方に問題があると指摘する=元・清水建設の建築研究員の人の戯言とねち。

10月7日、首都圏を大きな揺れが襲った。東京23区での震度5強の地震は2011年の東日本大震災以来となる。専門家は人口を減らすべきだと提言する。AERA 2021年10月25日号から。

*  *  *

 名古屋大学の福和伸夫教授(地震工学)は、都市における土地利用のあり方に問題があると指摘する。

「東京は北米プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの3枚のプレート(岩板)が複雑に重なった場所にあり、箱根や富士山の火山噴出物が堆積(たいせき)した災害危険度が高い都市です。
そうした場所に、人が密集し、会社の本社機能が集まり、高層ビルが立っているのです」

 高層化は地震による揺れの増大を招き、密集化は火災危険度を高める。アメーバ状に拡大した都市では、鉄道が止まれば膨大な帰宅困難者を生み出す。
しかも都心は隣近所との人間関係が希薄で、お互いに助けあう意識もあまり強くない。食料や水の備蓄も十分ではなく、ライフラインに過度に依存する。
首都直下地震クラスの大地震が起きると被害は甚大化するという。

「防災・減災のために、東京を小さくする必要があります」

 と福和教授は指摘する。それには、現在1千万人近い区部の人口を、200万人程度にまでする必要があるという。

 理想に挙げるのが名古屋市だ。人口約230万人で、周辺に緑を挟んで豊田市岡崎市など40万人前後の都市が点在する。比較的自立した社会を築いているという。
地域が生き生きとすればコミュニティーの共助力が育まれ、緑に囲まれた集約型のコンパクトシティーは、延焼が広がりにくく、災害にも強くなると述べる。

「駅から離れて住む場合は、太陽光発電や井戸などで電気や水を自給自足しライフラインに依存しない『自立住宅』にすれば、災害時にも困ることはありません」(福和教授)

 そしてコロナ禍の今こそ、東京一極集中を是正するチャンスだと語る。

「テレワークが浸透し、地方に住みながら東京の会社で働くことも可能になりました。移住する若者も増えるなど、人々の価値観が変わりつつあります。
地域の魅力をどう高めるかといった課題はありますが、巨大災害に対処する道筋を作り上げていく時ではないでしょうか」

--------------------------------------

へぇー!元・清水建設建築研究員

地震工学」だとねち。

 

呆れる!

 

インチキデタラメイカサマ肩書に

変身したとねち。

 

建築が専門で有り、

何で?地震工学になるのかとねち!

 

所詮は「昔のインチキイカサマ地震覚えてる」だけ。

 

体験もしてないし、目撃してないしとねち。

それで「地震工学」だと。

 

まるで鹿人間化けれる感じとねち。

昔は「鹿が人間になって行く工程」を

説明する感じとねち。

 

現在1千万人近い区部の人口を、200万人程度にまでする必要があるという。

 

バカか!

 

オカルトインチキキチガイオカルト清掃員精神患者とねち!

 

名古屋大の福和伸夫とねち。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

800万人」は何処行くかとねち。

まずは「学者なら妄想」では言うのがおかしいとねち。

 

「800万人は山岳部や近県の岐阜県や長野県や静岡県」に移動しろかとねち。

 

身勝手な脳みそだし、無理だし、

雇用や財政難の「愛知県」になるとねち。

 

ましてや「200万人になると限られた人材しか残れない」し、

 

まるで昔の「姥捨て山」になるとねち。

 

これはおかしいとねち。

 

ある意味では「差別な思考」とねち。

名古屋大の便所清掃員福和伸夫君の脳みそとねち。

 

頭がおかしいとねち。

 

わてが学者なら、「1千万人の愛知県民の皆さんを災害」から、どのような形で、

守れる事を考えるとねち。

 

それが常識とねち。

 

愛知県だと「トヨタ自動車系列の働いてる」とねち。

 

優秀な人材も「去れか」とねち。

トヨタ大手会社皆さん激怒するとねち。

 

愛知県民皆さん激怒するとねち!!!

 

住む場所も無い、仕事も無いとねち。

 

800万人生活」とねち。

どうするとねち。

 

名古屋大便所清掃員福和伸夫君とねち。

 

世間に説明をするなら、それなりの

データー資料計画等」を

まとめないと

一般雑誌等掲載出来ないとねち。

 

それを意味不明のご自分のオカルトインチキキチガイ妄想説マスコミ利用

話す自体、正常な人間の学者がする事では

無いとねち。

 

普通なら、愛知県の人口を「1000万人→200万人」にします。

 

800万人の皆さんは「愛知県の山岳部や岐阜県静岡県や他の都道府県」に移動します。

 

その際の引っ越し費用や仕事等や国や愛知県が全部、持ちます。

 

雇用の際も「800万人の皆さんに提供」しますとねち。

 

これが普通とねち。

 

保証なしで動かないとねち。

 

愛知県民もとねち。