cshosの日記

地震&私生活

緊急寄稿 10年ぶり東京・震度5強の揺れは首都直下地震の前触れか!?=京都大名誉教授・鎌田浩毅〈サンデー毎日〉

放映中のテレビドラマ「日本沈没」は伊豆半島沖の海底プレートに歪みが生じ、関東沈没の危機が迫る設定だ。現実世界でも首都圏の海底には複数のプレートがひしめき合い、プレートの境界が滑ったり割れたりすることでさまざまなタイプの地震が発生するため、首都圏は「砂上の楼閣」といわれる。地球科学が専門の鎌田浩毅さんに首都直下地震について寄稿してもらった。  ◇3・11後リスクが高まっている直下型  10月7日の夜、千葉県北西部を震源とする強い地震があり、東京都足立区や埼玉県川口市などで震度5強を観測しました。首都圏では重傷者4人と軽傷者39人、住家の火災2件が出ました。また7万5000台のエレベーターが停止し、28件の閉じ込めがあったと報道されています。  東京23区で震度5強以上の揺れを観測するのは、2011年に東日本大震災を引き起こして以来です。この地震の規模を示すマグニチュード(以下ではMと略記)は5・9で、深さ75㌔という深部で起きたものです。今回の地震は、国が警戒中の「首都直下地震」を誘発するかどうかが心配されています。  首都直下地震とは東京近辺の地下を震源とする内陸地震のことで、M7・3という規模が想定されています。これは今回の地震が30個ほど一度に起きたほど巨大な地震なのです。  その発生時期に関して、国の地震調査委員会は今後30年以内に70%の確率で発生すると予測しています。といっても、起きる日時を予知することは不可能なので「いつ起きてもおかしくない」と地震学者は警告しています。  一方、過去の発生状況を見ると、おおよその時期が予測可能です。本稿では最新の地震学から導かれる首都直下地震の予測と、しばらくなりを潜めている関東大震災の再来があるかどうかを解説します。  ◇ 地下でプレートがひしめき合う首都圏  首都圏で過去に起きた地震の履歴を見てみましょう。M8クラスの巨大地震が、過去400年の間に2度起きています。1度目は1703年の「元禄関東地震」で、1万人以上の死者を出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

信用出来ないとねち。

京都大鎌田浩毅君とねち。

 

8月20日「富士山噴火説」。的中率9割の予言書が明示する恐怖に抗う術は | 日刊SPA!

 

火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅) | ブルーバックス | 講談社(1/2) (ismedia.jp)

 

# 火山活動# 地震# 日本列島

 

 

地震火山学者資格とねち。

 

京都大の鎌田浩毅君こそ、

生きてるイカサマオカルトキチガイミドリムシ人造妄想人間化石

------------------------------------------------------------------------

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

関東よりも「愛知県の駿河湾」に大きな(震度5以上クラス)が起きるかもとねち。=M5.4位かなとねち。

 

愛知県&岐阜県静岡県和歌山県震度4・5クラスとねち。

 

ボチボチ、愛知県の駿河湾付近でも大きな地震がいつ起きても不思議では無いとねち。

 

これは言い切れるとねち。