cshosの日記

地震&私生活

名古屋大の便所掃除達人教授のイカサマオカルトキチガイ妄想の学者不向きの福和伸夫君の住んでる町の地震とねち!愛知県とねち。

コレとねち。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

愛知県西部を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

 

▼発生時刻 震源 マグニチュード 最大震度
2021年09月12日18時37分頃 愛知県西部 M2.6 1
2021年07月06日09時09分頃 愛知県西部 M2.4 1
2021年04月19日22時50分頃 愛知県西部 M3.5 2
2021年03月28日06時10分頃 愛知県西部 M2.1 1
2021年03月27日17時25分頃 愛知県西部 M3.0 2
2021年02月18日03時58分頃 愛知県西部 M4.2 3
2021年02月15日04時03分頃 愛知県西部 M2.9 1
2020年12月16日12時55分頃 愛知県西部 M2.9 1
2020年11月19日09時55分頃 愛知県西部 M3.0 1

-------------------------------------------------------------

駿河湾を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

 

▼発生時刻 震源 マグニチュード 最大震度
2019年10月17日03時59分頃 駿河湾 M3.2 1
2018年08月10日22時28分頃 駿河湾 M2.6 1
2018年08月10日22時03分頃 駿河湾 M2.7 1
2018年08月10日21時18分頃 駿河湾 M4.5 3
2016年07月20日03時06分頃 駿河湾 M4.1 2
2016年01月20日11時15分頃 駿河湾 M2.7 1
2015年09月08日20時22分頃 駿河湾 M4.9 3

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑のデーターでも地震が発生してる以上、いつ、愛知県でも「震度5以上」起きても

おかしくないとねち。

 

ボチボチ起きるか

 

意味不明の「駿河湾トラフ」とねち。

 

静岡県の「駿河湾」だが・・・

 

愛知県にも「影響与えてる被害莫大」とねち。

 

気象庁|南海トラフ地震について | 東海地震とは (jma.go.jp)

 

東海地震は、南海トラフ沿いで想定されている大規模地震(以下、「南海トラフ地震」という)のひとつで、駿河湾から静岡県の内陸部を想定震源域とするマグニチュード8クラスの地震です。この地域では、1854年安政東海地震の発生から現在まで160年以上にわたり大規模地震が発生しておらず、さらに、駿河湾地域では御前崎の沈降や湾をはさんだ距離の縮みなど地殻のひずみの蓄積が認められていることから、「東海地震はいつ発生してもおかしくない」と考えられてきました。

 なお、南海トラフ地震は、概ね100~150年間隔で繰り返し発生しており、前回の南海トラフ地震(昭和東南海地震(1944年)、昭和南地震(1946年))の発生から70年以上が経過した現在では、東海地震に限らず、南海トラフ全域で大規模地震発生の切迫性が高まっています。

 

東海地震の想定震源域
東海地震の想定震源域(紫色で囲まれた領域)

東海地震の予知

 地震の予知とは、地震の発生時期、場所、規模(マグニチュード)を地震の発生前に精度よく予測することです。従来の科学的知見では、地震の予知は実用段階ではなく未だ研究段階にあると考えられてきた一方、東海地震については日本で唯一直前予知の可能性がある地震と考えられてきました。

 その理由として、東海地震については、その発生場所と規模が特定され、時期的にいつ起きてもおかしくない状況にあると考えられてきたことに加え、前兆現象を伴う可能性があること、精度の高い観測・監視体制が震源域直上に整備できたこと、観測された変化が前兆現象かどうかを科学的に判断するための考え方として、「前兆すべり(プレスリップ)モデル」があらかじめ明確化されていたことが挙げられます。

 「前兆すべり(プレスリップ)」とは、震源域(プレート境界の強く固着している領域)の一部が地震の発生前に剥がれ、ゆっくりとすべり動き始めるとされる現象です。東海地震については、地震の前兆現象が現れる機構を説明するモデルとして、「前兆すべり(プレスリップ)モデル」が最も合理的と考えられてきました。

 これまで想定されていた東海地震の発生に至る過程は、以下のとおりです。

 

  1. フィリピン海プレートの沈み込みにより、陸側のプレートが引きずられ、地下ではひずみが蓄積する。
  2. 東海地震の前には、この固着していた領域の一部でゆっくりとした「前兆すべり(プレスリップ)」が始まる。
  3. ゆっくりとしたすべりが急激なすべりに進展して、東海地震が発生する。

 

東海地震の発生メカニズムの概念図
従来想定されてきた東海地震の発生メカニズムの概念図
※現在の科学的知見では、「前兆すべり(プレスリップ)モデル」で地震の発生を確度高く予測することは困難と考えられています。

大規模地震対策特別措置法地震防災対策強化地域

 昭和53年に施行された「大規模地震対策特別措置法」では、マグニチュード8クラスの大規模地震については想定震源域周辺に観測網を展開することにより、前兆となる地殻変動地震発生前に検知できる可能性があるとする当時の科学的知見を踏まえ、切迫する大規模地震に対して、直前予知に対応した防災体制の整備強化を図ることとされました。

 この法律に基づき、昭和54年には、中央防災会議によって、特に切迫性が指摘されていた東海地震が発生した場合に著しい地震災害が生ずるおそれがあり、地震防災に関する対策を強化する必要がある地域が「地震防災対策強化地域」(以下、「強化地域」という)に指定されました。この強化地域は、平成13年度に東海地震の想定震源域が見直されたことに伴い、平成14年に指定が拡大され、現在は1都7県157市町村が指定されています。


地震防災対策強化地域

地震防災対策強化地域(黄色で塗られた領域、内閣府資料による)

 

東海地震に関連する情報

 気象業務法では、大規模地震対策特別措置法に基づく地震防災対策強化地域に係る大規模な地震が発生するおそれがあると認められる場合には、気象庁長官は発生のおそれがあると認める地震に関する情報を直ちに内閣総理大臣に報告することとされています。

 気象庁では、これまで、東海地震を予知するために東海地域及びその周辺において気象庁が整備した地震計、地殻岩石ひずみ計の観測データのほか、関係機関の協力を得て、地震地殻変動、地下水等の観測データも活用し、東海地震の前兆現象の監視を行ってきました。

 さらに、地殻変動地震などの観測データに異常が現れた場合には、地震防災対策強化地域判定会(会長:平田直東京大学地震研究所教授)を開催してデータの検討を行い、観測された異常が東海地震に結びつく前兆現象と関連するかどうかの検討結果を「東海地震に関連する情報」により発表してきました。

 なお、平成29年11月1日から南海トラフ全域で地震発生の可能性を評価した結果をお知らせする「南海トラフ地震に関連する情報」の運用を開始しており、これに伴い、現在、東海地震のみに着目した「東海地震に関連する情報」の発表は行っていません。

------------------------------------------------------

三河湾を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

 

▼発生時刻 震源 マグニチュード 最大震度
2020年04月21日01時09分頃 三河湾 M3.1 2
2020年04月19日12時09分頃 三河湾 M3.6 2
2019年12月17日04時42分頃 三河湾 M2.2 1
2019年11月23日15時24分頃 三河湾 M2.4 1
2019年10月30日22時22分頃 三河湾 M3.3 1
2019年09月07日19時38分頃 三河湾 M3.3 1

--------------------------------------------

愛知県の「三河湾」でも地震が発生してるとねち。

 

今年(2021年)は、まだ、

1回も地震が発生してないし、

ボチボチ、震度5強以上愛知県名古屋市を襲うかとねち???

 

いつ起きても不思議では無いとねち。

 

愛知県の三河湾震度5強地震がとねち。

 

それじゃねち。