cshosの日記

地震&私生活

新庄監督 清宮に「デブじゃね?」ダイエット指令「モテるし、スタイルのいい方がいい」

日本ハムの“ビッグボス新庄剛志監督(49)は9日、沖縄・国頭村での秋季キャンプ視察2日目を迎え、清宮幸太郎内野手を直接指導。ダイエットのススメを説いた。 【写真】一見すると見た目は地味? いやいや足元にビッグボスの“主張”  フリー打撃を終えた清宮を手招きして呼び寄せると、そのまま指導開始。ビートたけしの「コマネチ」のポーズのような動作で、股関節近辺の注意を促した様子。さらに清宮の脇腹付近も触りながら話をした。  新庄監督「ちょっとデブじゃね?ちょっと痩せない?」  清宮「痩せてしまったら打球が飛ばなくなるのが怖いので…」  新庄「今もそんなに打球飛んでないじゃん。昔の方がもっと飛んでた。昔の方がスリムじゃなかった?それはキレがあったから。今はキレがない気がする。痩せた方がモテるよ。カッコイイよ。スタイルのいい野球選手がベストでしょ?」  約1分間。清宮は少し恐縮した表情を見せながら聞き入っていた。  新庄監督は「ちょっとぽちゃっとしてるから。人間的にも、ダイエットってものすごく、精神的に鍛えられる」と持論を展開。報道陣に対しても「みんなも(清宮に)プレッシャーをかけて。『痩せてます?』って。常に。『痩せました?』って。言っておいてくれ」と一体となって清宮スリム化計画を実施する意向。「弁当をよく食べるんですよ。新幹線の移動中に7個食べるのを3個にしてほしい」と要求していた。  「もしそれで痩せて飛距離とかがものすごく下がったら、めちゃめちゃ食って戻せばいいだけのこと」と付け加えていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

要はビックボスの新庄監督は、「清宮」に「痩せて、筋肉につけろ」の意味とねち。

 

足腰を強くする事で、下半身が安定し、バッティングも良くなる。

 

「怪我も少ないし、反射神経も良くなる」の意味だと思うとねち。

 

しかし、こうして、大リーグから、日本に戻って来て、「監督に成った」のは、

ビックボスの新庄しかいないとねち。

 

メージャーの経験もアドバイスをした感じとねち。

 

上手い、教え方とねち。