cshosの日記

地震&私生活

新庄剛志劇場は「嫌な気分になる」プロ野球を代弁する清原和博に「お前が言うな」

《会見見た瞬間ね、ちょっとイラッとしました。もうちょっと(服装を)ちゃんとすると思ったんですよ。プロ野球の監督になったら、ある程度はちゃんとすると思ったんですよ》 【写真】新庄批判をする清原、頬がこけ肌は浅黒くなるも眼光鋭く  11月17日、自身のYouTubeチャンネル『清ちゃんスポーツ』で動画を配信した清原和博氏。冒頭から《新庄が監督する時代ですから》と“ジャブ”を放つと続けて、日本ハムファイターズの“ビッグボス”こと新庄剛志監督に苦言を呈したのだった。  それまでは監督就任の一報を聞いて新庄にエールを送っていた清原だったが、不快感を覚えたというのが11月4日に行われた就任会見。奔放発言で大いに盛り上がった“新庄劇場”だったが、清原氏が我慢できなかったのは、派手な赤いスーツに大きすぎる襟のシャツ、そしてサングラスをかけた“THE SHINJO”スタイルだった。 「清原さんにしてみれば“タレント・新庄であればそれもよし”だった。でも、プロ野球を背負う、いわば神聖な監督就任会見で“それはないだろう”という思いだったのでしょう。一方で、同じく新たに中日ドラゴンズを引っ張っていく、PL学園の後輩・立浪和義監督が掲げた“長髪、茶髪、ひげ禁止”の方針を絶賛。チームを立て直すにはそれくらいの規律と厳しさが求められる、などと熱く語っていました」(ウェブニュース・ライター)  撮影スタッフの相槌に応じるように、さらにヒートアップする清原氏の“新庄批判”は止まらない。ついには、 《プロ野球100年の歴史があるんですよ。川上(哲治)監督から始まってね。絶対、プロ野球のOBたちって、絶対に口に出さないと思うんですけども、みんな嫌な気分になってるのは間違い無いと思いますよ。僕らの年代くらいまでの選手までは。若い世代はわからないですよ、平成の選手》  と、上下関係やきびしい規律や環境の中でプレーしてきた、昭和のプロ野球OBの気持ちを代弁してみせた清原氏。ところが、この発言に対してネット上では「お前が言うな」という声が殺到し、自身に返ってくる“ブーメラン”とされる向きもある。

------------------------------------------------------

この発言はヤバイよねち、ビックボスの新庄に対して。

清原君とねち。

 

未だに、「ファンの皆さんには清原の自体」、野球を語れないと思うからとねち。

 

今後、「春のキャンプやプロ野球中継の解説等でマスコミ(テレビ局)」は、

清原を起用しないと思うとねち。

 

ファンあってこそ、「プロ野球」とねち。

 

ビックボスの新庄を批判するとマズイとねち。

 

下手すれば、テレビ局が解説等で出番の清原無しも有りえるとねち。

 

わても「清原は嫌い」とねち。

 

クスリでしょ!

 

過去は過去だが・・・・

 

まだ、終わってないとねち。

 

執行猶予付きだからとねち。