cshosの日記

地震&私生活

また!アエラかとねち!立命大学院の眼鏡糖尿病デブのイカサマオカルトキチガイ妄想大嘘つきバカ丸出しの精神患者学者の高橋学を記事にしてとねち!

「相模トラフ」M8クラスの巨大地震が東京に与える脅威 国家の危機管理上、考えるべきこと〈AERA

 

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア

 

27名いいね!」で記事になるかとねち!!!

 

 

先の高橋特任教授が「いつ起きてもおかしくない」と警鐘を鳴らすのが、フィリピン海プレートと北米プレートとの境界に横たわる「相模トラフ」と呼ばれる細長い凹地を震源とする境界型地震だ。1923年の関東大震災も、相模トラフが震源だったと考えられている。  相模トラフを震源とした地震が起きれば、被害はすさまじい。  高橋特任教授によれば、Mは8.5。震源が深いため揺れは関東1都6県に及び、東京都江戸川区台東区といった下町エリア、埼玉県春日部市や同幸手市群馬県館林市など地盤の軟らかい場所では震度7の激震に見舞われるという。 「5秒周期の長い揺れとなり、高層ビルやマンションは左右に大きく揺れ、頑丈な台地の上に建てられた鉄筋コンクリートの建物も1970年前後に建てられた中層階の建物は倒壊する可能性があります」 ■首都機能分散を考えるべき  他にも電気、水道、ガスなどライフラインはズタズタになる。交通インフラも寸断され、東海道新幹線や高速道路は地盤が弱い場所を通っているため被害が出る心配があるという。  さらに高橋特任教授は、相模トラフから南海トラフ琉球海溝に至るまで、フィリピン海プレートに沿い「連動」して起きる大地震「スーパー南海地震」が起きる可能性が高いと指摘する。その時、首都圏はどうなるのか。高橋特任教授は言う。 「東日本大震災をもとにした試算では、津波だけで47万人が犠牲になります。首都機能は崩壊し、日本経済も根底から揺るがされることにもなります。国家の危機管理上、首都機能分散も真剣に考えるべきです」 (編集部・野村昌二) ※AERA 2021年11月29日号より抜粋

-------------------------------------------------------------

相模湾を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

 

相模湾=相模トラフとねち。

 

1件~26件(全26件)
  • 発生時刻:2021年07月04日 22時31分頃

    震源地:相模湾

    M1.8最大震度:1

  • 発生時刻:2021年07月04日 22時28分頃

    震源地:相模湾

    M1.6最大震度:1

  • 発生時刻:2021年06月23日 07時25分頃

    震源地:相模湾

    M3.5最大震度:1

  • 発生時刻:2020年12月14日 19時03分頃

    震源地:相模湾

    M1.8最大震度:1

  • 発生時刻:2020年12月14日 11時56分頃

    震源地:相模湾

    M2.8最大震度:2

  • 発生時刻:2020年07月18日 00時57分頃

    震源地:相模湾

    M3.5最大震度:1

-------------------------------------------------------

年間の日本の地震回数の平均回数が

「1680回位」とねち。

この数年でとねち。

 

「1680回で3回、程度で相模トラフ」が起きるかとねち!

 

それも「震度1」とねち!!!

 

頭がおかしい過ぎる!

アエラ高橋学異常脳とねち!!!

 

朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA (asahi.com)

 

腐食した、雑誌のアエラとねち。

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

バカバカしくてとねち!

 

アエラと高橋学の異常行動とねち!!!