cshosの日記

地震&私生活

【週刊地震情報・年末拡大版】3年ぶりに2000回超の有感地震 震度5強以上は6回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

2021年の月別地震発生回数(12月28日まで)

国内:福島県沖でM7.3 震度6強を観測

2021年に発生したM3.5以上の地震(12月28日まで)

国内:東京23区で10年ぶりの震度5強

世界:今年の世界最大規模はアラスカのM8.2

世界のM7.0以上の地震(12月28日まで USGSホームページ引用/ウェザーニュース加工)

世界:ハイチではM7.2の直下型地震 2000人を超える死者

---------------------------------------------

今年(2021年)の地震回数は「2000回地震超え」。

まだ、編集してないけどね。

一応、編集する予定・・・

「月・都道府県・エリア・震度数」の回数。

 

しかし、「4月・12月」に地震増加???

 

多分、チキン気象庁の「地震関連の年間の予算維持・up狙い」だと思う。

 

4月に年間の予算案を制作し、「8月にまとめて」、それを公表し、

「10月辺りにチキン気象庁が国」に要求し、「12月に予算が成立」するだよね。

 

これが普通のパータン。

 

今年の12月が多発してるのは、来年の「高額な地震計や他の設備等の購入予定」の要因だと思われる。

 

トカラ列島近海の群発地震は、以前迄のオンボロの機械等では、震度1の程度の地震は拾えないかったけど、「AI」の新しい技術で拾えるように成ったと思う。

 

それが2021年の地震回数の増加要因。

 

此処までしないと今、「コロナウィルスの影響等」で国がチキン気象庁地震関連の予算の削減を要求してる影響も想定される。

 

だから、「4月・12月」だけが地震回数の増加。

 

誰がこの事を話した???

 

確か、島村英紀君がチキン気象庁予算案講演会等

雑誌等掲載した記事読んだ事有る

 

派手騒がない地震関連予算が「からの予算減額削減」されるから。