cshosの日記

地震&私生活

小笠原で震度5強、今後の脅威は 専門家は地震活動の活発化指摘 島村特任教授「首都直下地震が刻一刻と迫っている証拠」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
夕刊フジ

---------------------------------------------------

全地点の震度

発生時刻 2022年1月4日 6時09分ごろ
震源 父島近海
最大震度 5強
マグニチュード 6.3
深さ 70km
緯度/経度 北緯27.1度/東経142.5度
情報 この地震による津波の心配はありません。この地震について、緊急地震速報を発表しています。
震度5強
東京都 小笠原村 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「待ってました!島村英紀か!イカサマインチキオカルト妄想キチガイ詐欺学者」。

地震情報(2011年01月13日06時34分発生)

↑が「2011年の1月13日の小笠原諸島西方沖」ね。

震度は最大2。

 

と言う事は、今回の父島近海の震度5強で、仮に起きても本土には、今後、

影響が出ないと

分かったと思う。

 

このプレートラインは「F6(破断層)」に成っており、繋がらないと解説が出来る。

 

嗚呼、やっぱりか!!!