cshosの日記

地震&私生活

環境破壊を「甘く見る人」が2040年直面する苦難

環境破壊を「甘く見る人」が2040年直面する苦難 | 天気・天候 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)

 

このまま進むと、飢餓に満ちた世界が必ずくる

世界は今、環境破壊によるリスクがかつてないほど大きなものになっている。遠い未来のことだと思っている人もいるかもしれない。しかし、環境破壊が今どう起こっているのか、何に影響があるのかきちんと把握しておくべきだ。直接あなたに重大な影響を及ぼす未来だからだ。

中でも、最も避けられそうもないのが温暖化だ。このまま何の対策も講じなければ、今から2100年までに地球の平均気温は4度上昇する。これがどのくらい異常なことかというと、1880年から2012年までの世界の平均気温の上昇は、1度にも満たない。

4度上がると何が起こるか。気温が上昇すれば、海水の温度も当然上昇する。そうすると、ほぼすべてのサンゴ礁が白化、絶滅する。サンゴ礁には海洋生物種の3割以上が生息するといわれており、結果的に、数億人の人々の食料事情が深刻なものになる。

気温が上がると、生物は生息に適した環境を求めて移動するが、間に合わなかったり、移動が不可能だったりした場合、もちろん絶滅する。そして、生態系に空白地帯が生まれると小型生物が大型化する。ネズミがウサギくらいのサイズになってもおかしくない。

海水の温度が上がれば、北極の海氷や陸地にある氷河を溶かし、海面が上昇する。2030年頃には、海面が少なくとも15センチは上昇するとの試算もある。

これによって何が起こるか。たとえば、地中海の海面が20~50センチ上昇してしまうと、最悪のケースではエジプトのアレクサンドリアの堤防が決壊し、人類の遺産は崩壊する。東南アジアでは2030年頃までに75センチ上昇する可能性があり、そのままいくと2100年にはタイのバンコクの3分の2は水没する。

2100年と聞くと、ものすごい未来に見えるかもしれないが、医学の進歩で人は100年は生きるだろうから、現在の20歳以下が生きている世界だ。

 

地球温暖化は、人口が増え、経済活動を続ける限り、回避は不可能だ。そして、戦争と違って、世界の誰かによって適切な方針が決められ、あっさり回避することもない。あなたのあらゆる経済活動や消費活動が温暖化の原因になっており、それが将来のもめ事のきっかけになりかねないことを私たちは自覚すべきかもしれない。

 

環境破壊を「甘く見る人」が2040年直面する苦難 | 天気・天候 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

、>国内で可能性のある地震の最新の発生確率(1月1日現在)を公表し、南海トラフで今後40年以内マグニチュード8~9級の地震が発生する確率を、前年の「80~90%」から「90%程度」に引き上げた。

 

2022年+40年=2062年!!!!

 

うー(ー。=)、困ったけどね。

 

しかし、気候変動や温暖化を無視だろうね!!!

 

ご自分等の意見が正しいと!!!

 

何毎回でも「東大オカルト詐欺学者専用研究精神病院」に即、入院だね!!!

 

平田直君!!!

 

これでは「古村孝志」のお尻

爆笑されてるぞ!!!

 

平田直君!!!!

 

直(平田直)のオカルトバカ詐欺インチキオカルト妄想キチガイ学者の。

 

2012/2/10 

 

―東大地震研究所、平田教授の正体― 首都直下型地震4年以内に70%とセンセーショナルな発表を主導した平田教授週刊文春の取材に対しオフレコ発言。 「数字はヤマ勘、書くなよ。」 やはり研究費目的の不安商法でした。 東大地震研究所とは東電原発村と同じ、東大地震村だったのですか?

 

 

 

平田 直|メンバー紹介|東京大学地震研究所 地震予知研究センター (u-tokyo.ac.jp)

JST CREST "iSeisBayes" | メンバー (u-tokyo.ac.jp)

 

平田 直|メンバー紹介|東京大学地震研究所 地震予知研究センター (u-tokyo.ac.jp)

JST CREST "iSeisBayes" | メンバー (u-tokyo.ac.jp)