cshosの日記

地震&私生活

「ヒト」「コト」「モノ」作りを通した 減災・克災と地域ルネサンス実現

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

「ヒト」「コト」「モノ」作りを通した
減災・克災と地域ルネサンス実現

福和伸夫 名古屋大学減災連携研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町 減災館
fukuwa@nagoya-u.jp

安全で安心な国・地域を実現するために地震災害軽減の研究を行う。真理探究と問題解決のため、現象解明のための「コト」を明らかにする研究、問題解決のための「モノ」作り、協働の場作りや防災意識啓発、教育・育成などの「ヒト」作りを行っている。当研究室では、災害を減らすことで(減災)災害を克服し(克災)、そのプロセスを通して新たな地域社会を作る(ルネサンス)ことを目指している。そのために、知恵を絞るシンクタンク・減災連携研究センターと、皆が集うアゴラ・減災館を中心に活動を展開している。

コト:都市-建築物-地盤系の地震時挙動解明と災害情報の共有・システム化

都市・建築物の地震時安全性を確保ために、外力と抵抗力を明らかにし、危険を回避し、災害を軽減する。そのため、都市が立地する堆積平野の地震時挙動を明らかにすると共に、建築物の地震応答性状と耐震性能を解明し、的確な耐震技術を構築すると共に、社会の災害病巣を検知しつつそれを治癒するための都市の防災戦略を立案している。また、これらを実現するための、理論・実験・観測、災害情報共有化、災害情報システム構築、提言の作成などを行っている。

モノ:都市の地震防災や災害情報に関するシステム化研究と防災教材作り

地震に強い建築物を実現すると共に、各種のセンサー、災害情報システム、モニタリングシステム、社会の行動を誘発する教材を開発する。各種の耐震的アイデアを取り入れた減災館、耐震教材「ぶるる」をはじめ、様々な実験教材や情報システムが満載の減災ギャラリー・減災ライブラリーを具現化している。また、インターネットやプロジェクション技術を組み合わせた懸隔型の災害情報共有ワークショップ手法を構築している。

ヒト:地域協働による防災力向上に関する人作りと地域ネットワーク構築の試み

地域防災力の向上のため、地域社会の総力を結集し、皆が本気になって減災に取り組む仕組み作りと人作りをする。そのための連携協働の場作り、啓発・育成・行動誘発のための実践活動として、様々なセミナーや研究会を開催している。

1ページにまとめた略歴書

学歴等

名古屋大学工学部建築学科・1979年
名古屋大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程前期課程・1981年
一級建築士・1982年 

工学博士(名古屋大学)・1989年
構造設計一級建築士・2005年

----------------------------------------------------

福和伸夫(ふくわ・のぶお) | TEAM防災ジャパン (bosaijapan.jp)

 

2015年3月18日

福和伸夫(ふくわ・のぶお)

名古屋大学減災連携研究センター センター長・教授

生年月日:1957年2月
出身地:愛知県名古屋市
最近の防災・減災活動:
減災館の一般開放と毎日開催する減災ギャラリートーク(市民と研究者の連携の場作り)、 基礎自治体間の防災担当者の連携の場(西三河地区9市1町、海部地区7市町村など)、 基幹産業の防災担当者の連携の場(本音トークに基づく被害様相の共有化)の他、東海地域の6国立大学法人の防災・減災連携(東海圏減災研究コンソーシアムの設立)、 災害情報の共有化(県を超えた災害情報の相互流通)、 産官学民が連携した人材育成(各団体が手弁当で実施する防災・減災カレッジ)など。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・地域防災にはまったきっかけは?

1995年阪神淡路大震災の後、愛知や名古屋で家屋の耐震化に取り組むようになってからです。耐震教材「ぶるる」を開発し、同時期に、東海地震震源域の見直しもあって、2001年以降、あちこちの小中学校に出向くようになりました。これが地域との接点を持ったきっかけです。その後、RSYの栗田さんたちボランティアの人たちや、板橋区の鍵屋さんや時事通信社の中川さんと言った熱い人たちに出会ったことで、どんどん地域防災の世界に引き込まれていきました。いずれも素敵な人たちとの出会いです。

image1


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

「ひと」、「こと」、「もの」、「ば」の4つです。
「ひと」:なんと言っても地域が大好きでちょっとお節介な人が大切です。こういった人が時間を惜しむことなく、地域の人とのつながりを作ってくれることで、地域ぐるみの活動が始まるのだと実感しています。
「こと」:とはいっても属人的になりすぎると長続きしません。組織化やマニュアル化など、地域での仕組み作りも必要です。
「もの」:そして、壊れないまちにするには、家屋の耐震化、家具の固定、ブロック塀や看板・自販機の対策など、地域ぐるみの活動が必要です。
「ば」:これらを進めるには、地域の人が一体感を持つ場が必要です。公民館のような場所が大切で、お祭りや運動会、子供会などが素晴らしい場になります。
いずれも昔の日本の社会が当たり前に持っていた当たり前のことばかりですね。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

災害のわがこと感の喪失と、人任せな縦割り主義、批判主義、個人主義でしょうか。災害が怖いと分かっていたら危険なところに住まないはずなのに、大都市では危険な場所にまちが広がる土地利用が進んでいます。自分の命を守るのは行政や専門家と勘違いし、出来ない理由をついつい言ってしまう人が増えています。人との関わりが面倒と思う人も増えています。私たち自身の心が一番の社会課題だと思います。「地」との距離を縮めたいですね。

--------------------------------------------------------

世界一残酷だった“引き波”と“滝つぼ現象”の破壊力
被災地を見た地震学者が語る津波から生き延びる方法

――都司嘉宣・東京大学地震研究所准教授のケース

 

世界一残酷だった“引き波”と“滝つぼ現象”の破壊力被災地を見た地震学者が語る津波から生き延びる方法 | 「生き証人」が語る真実の記録と教訓~大震災で「生と死」を見つめて 吉田典史 | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

 

地震後30分間は、市街地の中では異変を感じなかった。市の広報が、大津波警報の発令を告げるばかりだった。このようにして住民を油断させておきながら、突如、防潮堤の背後に高さ十数メートルの “水の壁”がぬっと現れた。

 その壁の頂上から、滝のごとく居住地の中に大量の海水が注ぎ込み始めた。市街地の中の水位は瞬く間に上昇し、ビルの2階の窓から3階の窓、そして4階の窓まで浸水し、反対側の窓から流れ出し始める。

 市街地の木造家屋は漂流を始め、人々はなす術もなく飲み込まれる。そうして、わずか2分半後には、早くも海水の退却が始まり、恐ろしいスピードで引いていく」

 都司氏は、かねてから津波研究の権威として知られてきたが、震災の直後にはNHKなどの報道番組に頻繁に登場し、そのわかりやすく情熱的な解説が話題となった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浸水、逆流、漁船転覆 “噴火で津波”世界中で被害|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト (tv-asahi.co.jp)

 

トンガ海底火山噴火で津波等の影響で

引き波」が発生しましたね。

それで数隻の船やボートが転覆や流された。

 

これが怖いと認識してないのかな?

名古屋大のパシリ3号の福和伸夫君。

 

東日本大震災から、

何を学んだのか理解不能

 

今後は「引き波」での

対策強化整備」が必要だと思う。

 

しかし、高知の港をテレビでも見たけどね!

 

これでは「あの造り」では、

船舶が流され、水没した理由が分かる。

 

何回も引き波繰り返され

 

伸夫!

 

これも「理解」が出来てるよね????

 

引き波の恐怖を。