cshosの日記

地震&私生活

もし「富士山噴火」が起きたら…火山灰で首都圏の都市機能どうなる?【被害想定】

配信

コメント327件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

富士山噴火による降灰量(「富士山ハザードマップ」から)

降灰1ミリで道路の視界不良、電車はさらに脆弱

桜島噴火のの降灰でかすむ鹿児島市街(2012年)/(C)共同通信社

南半球からの輸入小麦、大豆が高騰

【降灰による直接被害の想定】/(C)日刊ゲンダイ

--------------------------------------------------------

>トンガ噴火は火山プレートが違うため日本の火山への連動

 

トンガの海洋火山帯ラインと富士山のプレートラインが違う為、

富士山の噴火は同類で起きる有りえない

 

近年では富士山の同類火山の「2014年の御嶽山噴火 - Wikipedia」だが有名。

 

この時は「水蒸気噴火」。

 

「仮に富士山が噴火」した場合は、

御嶽山同様になる。

 

水蒸気と火山灰が予想される!!!

 

どの位置から、噴火するか分からないが・・・

場所によっては「規模が縮小される可能性」が高い。

 

結論は「富士山は死活火山」だと思うので、

トンガ海底火山噴火と同類の火山噴火が富士山は起きないと思った方が良い。

 

海洋火山帯→トンガ・桜島三原山

 

東大の藤井もこの程度の理解

ガッカリだね!!!

 

此処までおバカだと思わなかった!!!

 

違うよね!

 

トンガ海底火山噴火と富士山噴火は。

 

トンガ海底火山噴火=富士山の噴火が同じと思えるのが・・・

 

いつ!辞表出す!東大の藤井!!!

 

代わりは沢山、

いると思うので!!!

藤井

 

福和伸夫(ふくわ・のぶお) | TEAM防災ジャパン (bosaijapan.jp)

 

香川大学 :: 長谷川 修一 (kagawa-u.ac.jp)