cshosの日記

地震&私生活

なぜ730万円超の「ヤリス」に購入申し込み殺到!? 世界初公開された限定500台のトヨタ新型「GRMNヤリス」はどんなクルマ?

2022年1月14日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は「GRヤリス」のフルチューンモデルとなる新型「GRMNヤリス」を500台限定で2022年夏頃より発売することを東京オートサロン2022にて発表しました。
 
 TGR自らフルチューンと名言するGRMNヤリスに対してユーザーからはどのような反響が出ているのでしょうか。

【画像】これはマジ速そう! 500台限定の「GRMNヤリス」を見る!(68枚)

 GRヤリスは、「レースに勝つために、 そこで出すクルマのために、普段使いのお客さまに乗っていただくクルマはどうあるべきか。まったく逆転の発想で造り出したクルマ」として2020年9月に発売されました。

その後、トヨタの豊田社長(モリゾウ)自らROOKIE Racingからスーパー耐久全日本ラリー選手権など、さまざまなモータースポーツに参戦しています。

 そうしたなかで、GRMNヤリスの開発は「モータースポーツの現場で“スピーディに、かつ人に合わせて進化するクルマ”を、お客さまにもお届けしたい」というモリゾウの思いから始まったといいます。

 GRMNヤリスは、ボディ剛性強化やリヤシートを撤去するなどで約20kgの軽量化、車高10mm低減による低重心化や全幅10mm拡大による空力改善を実現。

 壊しては直すを繰り返し、性能向上させた機械式LSDやクロスギアレシオトランスミッションとローファイナルギヤのセットを採用しています。

 また、プロドライバーによる走り込みによって制動力やグリップ、コーナリング性や追従性も向上させ、より安心して速く走れるクルマへと進化したとTGRは説明しています。

 GRMNヤリスは、ベース仕様(731万7000円)、ラリーパッケージ(837万8764円)、サーキットパッケージ(846万7000円)と明かされました。

SNSでは今回の発表やGRMNヤリスに対して、「EVの発表のあとにガチのクルマ出すトヨタがスゴい」「ハードすぎる仕様だけど欲しい」「カーボンとか使われまくっててトヨタの本気さが伝わってくる…」「GRヤリスを持っているけど、GRMNも欲しくなった」など、トヨタの姿勢や本気仕様ともいえるGRMNヤリスに対して支持する声が見受けられました

 一方で価格に対しては「高すぎて買えない」「フェアレディZ、GRMNヤリス、どっちも高い…」など価格のインパクトに引き気味の声があります。

 しかし、「フルチューンだから妥当な金額では?」「500台限定の特別なクルマだから高いのはしょうがない」といった意見もあるようです。

 また、SNSでは「当たるかわからないけど、商談抽選に申し込んだ」「一応申し込んだ」など申し込みをしたという投稿もあります。

 なお、東京オートサロン2022の会期中(1月14日から16日)で申し込み数が1000件を超えたという話もあり、いかにGRMNヤリスへの注目度が高いのかが伺えます。

---------------------------------------------

シビックのタイプRの方が安いと思うし、楽しいと思うけどね。

 

しかし、トヨタの車造りや商売は凄いよね。

 

仮に他社が同額で出したら、500台なんて、さばけないよ。

 

数十台が良い所だよね。

 

仮に日産がシルビアが復活し、「700万円台の限定モデル」が売れると思うけど、

まずは「市販車を販売」しないと売れないと思う。

 

シルビアの。