cshosの日記

地震&私生活

2022年 1月26日の午前7時42分頃迄の地震内容

おはようございます。

 

福和の名前よりは有名人活躍してる人が多い、氏名たたんです。

 

f:id:cshos:20220126074337j:plain

ここは「愛知県日進市」では有りません。

神奈川県横浜市都筑区センター北駅付近ね。

 

タバコのポイ捨ては駄目(NG)だよね。

 

ごめんね!

伸夫修一康弘

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南海トラフ発生しなければ、

普通の人」だと思わないのかな!

 

名古屋大のパシリ3号の福和伸夫は。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

わては頭がおかしいと思うし、

福和伸夫の名古屋大での日当は、

「1040X8=8320円」が

妥当だと思う

 

手取り額=月が「16640円(20日、出勤)」で万円前後ね。

 

研究してるだけですから・・・

 

まさか、年収が6百万円超えてないよね!

 

伸夫!!

---------------------------------------------------------

本日も下記の通りに地震が発生してます。

午前7時45分 現在

 

気象庁 Japan Meteorological Agency (jma.go.jp)

 

発生時刻 震源 マグニチュード 最大震度
2022年1月25日 13時00分ごろ 宗谷地方北部 2.7 1
2022年1月24日 20時38分ごろ 日向灘 3.2 1
2022年1月24日 19時58分ごろ 父島近海 4.3 1
2022年1月23日 22時24分ごろ 父島近海 4.6 2
2022年1月23日 19時15分ごろ 日向灘 3.7 2
2022年1月23日 19時10分ごろ 奄美大島近海 3.6 2

-----------------------------------------------

勘が少し来てるので、この後の地震には注意。

 

f:id:cshos:20220126074702j:plain

お金をかけない趣味の写真撮影も良いよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

香川大学 :: 長谷川 修一 (kagawa-u.ac.jp)

梅田 康弘(地震学) | 科学カフェ京都(特定非営利活動法人) (ameblo.jp)

楠本 成寿 | 京都大学理学研究科・理学部 - Graduate School of Science / Faculty of Science, Kyoto University (kyoto-u.ac.jp)

高額年収ランキングTOP10

出典:e-Stat 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種

f:id:cshos:20220126074916j:plain

伸夫&修一&康弘&成寿

余ってるだろう

 

国民自腹奢れ!

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

香川大学 :: 長谷川 修一 (kagawa-u.ac.jp)

梅田 康弘(地震学) | 科学カフェ京都(特定非営利活動法人) (ameblo.jp)

楠本 成寿 | 京都大学理学研究科・理学部 - Graduate School of Science / Faculty of Science, Kyoto University (kyoto-u.ac.jp)

 

どうせ!

意味不明のインチキオカルト妄想キチガイ

南海トラフ研究ゴッコして、

年収1千万円超えだし。

奢れるだろう

修一&伸夫康弘!

自腹で。

 

インチキオカルトイカサマ妄想

南海トラフの研究」で金儲けしてるだから・・

---------------------------------------------

やっぱり、首都直下地震震源地(正体)は「東京都練馬区」の地下の活断層予定?みたい。

 

中林一樹君島村英紀高橋学君達が、

バカ騒ぎしてるから、

わてが個人的に分析し、

解読してる。

 

本当に首都直下地震の予定は「練馬区」なのか。

 

確か!「練馬区豪雨が、起きると被害」は凄いとねち。

 

これも調査し、断層帯が緩く、

もろいので人工地震起こすのに、

良い場所。

 

東京以外にも「神奈川県埼玉県山梨県栃木県千葉県」にも人工地震を起こす事で、

災害規模広がる。

 

立川断層」の活断層では無いと出てる。・・

 

佐藤比呂志君大恥をかいた。

 

チキン気象庁国土交通省地震関連の幹部の皆さん)のおバカ供!

 

↑のお3人黙らせた方が、

良かったと思うけど。・・・

 

普通に起きる地震と思う。

 

ベラベラ喋り続けると「疑う」。

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

近年、↑の眼鏡デブ禿げ糖尿病イカサマオカルトキチガイ妄想ド素人高橋学君の記事を見ると「激怒むきなったりイラッと」に来る

神経的。

 

沢山、大外れ街道予知して、

反省無い。

それで普通に掲載して、

ヤフーHP出て

来てる。

本気。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋大のパシリ3号の福和伸夫君は、

災害減災で「都心に1300万人の削減」を

言い出してるだが・・・

 

困ったオカルト精神患者の思考ぶりに

呆れてる。

 

関東を「愛知県名古屋市」にする気

キチガイ学者だと思う。

 

愛知県にも沢山の企業が有ると思う。

 

関東にも多くの仕事先が有り、

その人口を近郊を200万人にしろを、

言う自体、

 

おかしいと思わないか。

 

名古屋大のパシリ3号の福和伸夫君とねち。

 

災害災減言うけどねち。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

地方の方も多く、東京近郊にも・・・

働く事を、拒否しろ。

 

ご自分都合の良い、

災害災減おかしい。

 

考え方を、幼稚園から、

やり直し良い。

 

人を災害から、守る方法。

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

-------------------------------------------

火山・地質-箱根の活動について | 神奈川県温泉地学研究所 (onken.odawara.kanagawa.jp)

 

箱根の震源情報2022年01月26日 07時48分 更新

No 深さ 規模
1 22年 1月 25日 13時 45分 1.0 Km M 0.2
2 22年 1月 25日 12時 33分 2.5 Km M -0.3
3 22年 1月 21日 23時 31分 6.3 Km M 0.1
4 22年 1月 17日 18時 41分 6.7 Km M 0.3
5 22年 1月 17日 08時 16分 6.0 Km M 0.4

また!起きるか?

福島県沖と青森県東方沖の地震が・・・・(福島県沖の震度4以上は2月頃~?予想)で、

トカラ列島近海の再度の群発地震予想は、3月?・4月?・5月?。

それとも愛知県西部?三河湾トカラ列島近海?山梨県東部・富士五湖?・長野県全土?・千葉県東方沖?和歌山県北部?・紀伊水道?・東京都23区?・

父島近海?石川県能登地方?

宮城県沖?岩手県沖?茨城県沖?沖縄本島近海?伊豆大島近海?

茨城県南部?千葉県北西部?小笠原諸島西方沖?岐阜県全土?徳島県南部?

 

まだ!分からん。

 

ただ、2月中に「福島県沖での震度3以上の地震が起きる確率は高い」と思う。

過去の2月に起きてる地震内容を整理すると。

-----------------------------------------------------

富士山ライブカメラ (fujigoko.tv)

 

富士山ライブカメラ-山中湖長池

本日の朝の富士山は見えない。

 

富士山の異常判断???

 

湖の水温や近くの温泉の温度。

上昇していれば、何かしらの反応が出る。

 

安易に言ってるつもりは無い。

 

それでも富士山の噴火の兆候が見えない。

 

多分、富士山は死火山だと思う。

 

甲府市での富士山の噴火歴が無い所を見る。

いくら何でも甲府市から、宝永噴火(1704年)の富士山の大噴火が見えない訳が無い。

 

多分、どっかで富士山の大噴火を適当に変えてる。

イカサマインチキ学者共。

 

ご自分等の都合の良い富士山の大噴火の研究ゴッコの為。

 

まぁ、富士山の観測員の藤井君がいるから、富士山の噴火の兆候が有れば、

山梨県や国を通して、連絡がすると思う。

 

デマの噴火説に振り回されるのはゴメンで済まない。

 

昨夜?富士山の中に潜ったけどね?

確かに宝永時代に噴火した形跡を確認し、右側からの噴火した穴も確認が出来た?。

しかし、下のマグマは塊になっており、富士山の「死活火山」に成った感じ

今後は富士山の噴火は無いと想定しても良いと思う。

 

午前7時54分 現在

-----------------------------------------------

f:id:cshos:20210821165849j:plain

まだ、首都直下地震終わってないとねち。

↓の中林一樹インチキキチガイ眼鏡老害イカサマ教授もいるとねち。

イカサマインチキ地震研究者。

-----------------------------------------------

イカサマインチキバカ丸出しキチガイ中林親子は、普通は今、起きてもおかしくないが、虚言癖が起きてないし、それを言う自体、イカサマインチキ詐欺研究者で有り、

1000000000000%」の確率で「東京都で路上ホームレス」が確定してる。

 

老害バカ丸出しの天狗鼻精神患者の東大不名誉教授のバカ老害中林糞爺さん。

 

バカ息子も明治学院大学ボンクラ防災学者だと。

わては「鼻でコイツの行動を笑ってる」。

明治学院大学のオカルト精神患者防災学者の中林君。

 

社会的に落ちこぼれの学生達が「30年間以内の言葉をリセットし、繰り返す事」で、

永遠に所得を保持する為の道具だと思う。

44.pdf (irric.co.jp)

 

2013 .1
Vol.44

 

明治大学特任教授・首都大学東京名誉教授
内閣府・首都直下地震対策検討グループ委員 
           中
なかばやし
林 一
いつき

----------------------------------------------------------------------------

2013年度だと・・・

首都直下型地震が起きるバカ騒ぎして、「8年」だと・・・

へぇー!娯楽インチキ地震学者の中林一樹詐欺糞老害学者。

-----------------------------------------

南海トラフ地震関連解説情報について -最近の南海トラフ周辺の地殻活動-

気象庁では、大規模地震の切迫性が高いと指摘されている南海トラフ周辺の地震活動や地殻変動等の状況を定期的に評価するため、 南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、地震防災対策強化地域判定会を毎月開催しています。 本資料は本日開催した評価検討会、判定会で評価した調査結果を取りまとめたものです。 次回は8月6日を予定しています。
なお、下記調査結果は本日17時00分に「南海トラフ地震関連解説情報」として発表しています。

報道発表日

令和3年7月7日

概要

現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

本文

最近の南海トラフ周辺の地殻活動

現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

(注)南海トラフ沿いの大規模地震(M8~M9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70~80%であり、昭和東南海地震昭和南地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。


1.地震の観測状況
(顕著な地震活動に関係する現象)
 南海トラフ周辺では、特に目立った地震活動はありませんでした。

(ゆっくりすべりに関係する現象)
 プレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)のうち、主なものは以下のとおりです。
   (1)四国西部:6月4日から6日


2.地殻変動の観測状況
(ゆっくりすべりに関係する現象)
 上記(1)の深部低周波地震(微動)とほぼ同期して、周辺に設置されているひずみ計でわずかな地殻変動を観測しました。
 GNSS観測によると、2019年春頃から四国中部でそれまでの傾向とは異なる地殻変動が観測されています。また、2020年夏頃から紀伊半島西部・四国東部及び九州南部で観測されている、それまでの傾向とは異なる地殻変動は、いずれも最近は鈍化しているように見えます。

(長期的な地殻変動
 GNSS観測等によると、御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺では長期的な沈降傾向が継続しています。



3.地殻活動の評価
(ゆっくりすべりに関係する現象)
 上記(1)の深部低周波地震(微動)と地殻変動は、想定震源域のプレート境界深部において発生した短期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。
 2019年春頃からの四国中部の地殻変動、2020年夏頃からの紀伊半島西部・四国東部及び九州南部での地殻変動は、それぞれ四国中部周辺、紀伊水道周辺及び日向灘南部のプレート境界深部における長期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。このうち、紀伊水道周辺及び日向灘南部の長期的ゆっくりすべりは、最近は鈍化しています。
 これらの深部低周波地震(微動)、短期的ゆっくりすべり、及び長期的ゆっくりすべりは、それぞれ、従来からも繰り返し観測されてきた現象です。

(長期的な地殻変動
 御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺で見られる長期的な沈降傾向はフィリピン海プレートの沈み込みに伴うもので、その傾向に大きな変化はありません。



上記観測結果を総合的に判断すると、南海トラフ地震の想定震源域ではプレート境界の固着状況に特段の変化を示すようなデータは得られておらず、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。


問合せ先

気象庁地震火山部地震火山技術・調査課大規模地震調査室 担当 重野
電話:03-6758-3900(内線5244)

資料全文


[上記の資料は、気象庁国土地理院及び防災科学技術研究所の資料から作成。
気象庁の資料には、防災科学技術研究所産業技術総合研究所東京大学名古屋大学等のデータも使用。 ]

参考資料


[気象庁の資料には、防災科学技術研究所産業技術総合研究所東京大学名古屋大学等のデータも使用。]

-----------------------------------------

>現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。

 

どうせ、デマで架空南海トラフ」とねち。

あっそでおしまい。

--------------------------------------------------------------------

わてが「南海トラフ」の存在を自体否定するのは、東日本大震災後、

 

あらゆる角度から、検証し、2011年の6月以降から、独自で太平洋側の海溝断層を調べてた。