cshosの日記

地震&私生活

名古屋大のパシリ3号の建築学者の福和伸夫の脳みそには、蛆虫とダニとゴキブリとゾウリムシの幼虫がいるらしい????

南海トラフ“はいつか来る──「臨時情報」の仕組み理解を 九州震度5強から1週間

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞

南海トラフ地震臨時情報」の流れ 大分市の水族館「うみたまご」近くの遊歩道には約75メートルにわたり亀裂が入った=22日午後2時ごろ(撮影・丹村智子)

南海トラフ巨大地震

----------------------------------------------

top

 

週刊地震情報 2022.1.23
22日(土)日向灘でM6.6の地震 未明に震度5強の強い揺れ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伸夫ね!!!

 

↑の内容で「日向灘南海トラフ津波発生」が起きるエリアとバカボン福和伸夫指摘らしい。

 

しかし、津波の場合、↑に上って行く傾向で有り、仮に「日向灘」で、今後、

震度6?7でも「山口県福岡県等」では「港等」の「液状化現象」が起きないと

否定出来ないので、今後は対策や調査が必要。

 (´・ω`・)エッ?南海トラフの四国沖や土佐沖で起きた場合の

山口県や福岡県には、影響は???

 

その時、わてなりに生きていれば、

津波の高さや時間等の到達する

時間を予測するよ。

 

あてになるか、分からんけどね。

 

ただ、言えるのは「日向灘南海トラフは無関係」で有り、

 

別のエリアで無視した方が良い。

 

南海トラフが起きる基準には

 

伸夫が言いませんでした。

 

バカボン建築家では地震関連の対策は無理。

 

建物強化は出来ると思うが・・・・

 

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)