cshosの日記

地震&私生活

4月の三重県沖地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念も

4月の三重県地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念

4月の三重県沖地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念も
4月の三重県地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念も
 その他の写真を見る (1/2枚)

 政府の地震調査委員会は13日、三重県の南東沖で4月1日に発生したマグニチュード(M)6・5の地震について、南海トラフ地震につながる可能性のある「プレート境界地震」との見解を明らかにした。

熊本地震の本震後、微動地震も活発化…

 地震は4月1日午前11時39分、三重県南東沖を震源として発生し、最大震度4の揺れを記録。被害はほぼなかったが、大阪で超高層ビルのエレベーターが一時停止するなどした。

 プレート境界地震は、海側のプレートと陸側のプレートが上下で接する境界で発生する。紀伊半島沖では、海側のフィリピン海プレートが、陸側のプレートにすべり込み、蓄積したひずみに耐えきれず、陸側のプレートが跳ね上がって南海トラフ地震が発生。その際、周辺の海水を大きく押し上げ、大きな津波が発生する仕組み。

 ただ、今回は、そこまでの蓄積はなく、局所的にとどまったとみている。

 気象庁は発生直後から、プレート境界地震と分析していた。だが、各機関のデータから、今回の震源の南側で発生した平成16(2004)年9月の「紀伊半島地震」と同様に、南海トラフ地震に直接つながらない「プレート内部地震」の可能性が指摘された。このため、調査委が分析を続けてきた。

---------------------------------------------

4月の三重県沖地震は「プレート境界地震だった」地震調査委 南海トラフ地震への懸念も(1/2ページ) - 産経ニュース (sankei.com)

 

三重県南東沖で深発地震 異常震域がみられ関東や東北で揺れ

配信

コメント225件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

21日(月)7時12分頃 三重県南東沖の地震

深発地震による異常震域とは

深発地震による異常震域の模式図

----------------------------------------------------------

地震情報(2019年07月28日03時31分発生)地震情報(2022年02月21日07時12分発生)地震情報(2018年12月10日00時22分発生)

-----------------------------------------------------

8月20日「富士山噴火説」。的中率9割の予言書が明示する恐怖に抗う術は | 日刊SPA!

 

火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅) | ブルーバックス | 講談社(1/2) (ismedia.jp)

 

# 火山活動# 地震# 日本列島

 

----------------------------------------------------

ミドリムシ人造改造人間の身分のくせに

鎌田浩毅君が人間様言う自体

おかしいし、とねち!!!

 

生意気生き物」とねち。

 

火山学者が戦慄する「すでに富士山は噴火スタンバイ」という現実(鎌田 浩毅) | ブルーバックス | 講談社(1/2) (ismedia.jp)

 

 -----------------------------------

明日(3月19日)から、学者廃業し、特別老人精神病院入院し、ご隠居するか!!!

 

ミドリムシ人造の身分で

「生意気な生き物」だな!!

 

浩毅鎌田 浩毅

 

京都大老害害虫ミドリムシ精神病気科詐欺イカサマインチキキチガイ特バカ名誉教授の

浩毅 浩毅 浩毅!!!

 

どこに!今、南海トラフや首都直下地震が起きるだ!!!

 

生意気生き物老害害虫人造人間くせに!!!

 

浩毅 浩毅 浩毅!!!