cshosの日記

地震&私生活

京都、日向灘、鳥取県東部、能登半島…GWに相次ぐ地震は「南海トラフ」と関係している?

今年のGWも後半に差し掛かったが、連日のように全国各地で地震が起きているのは気がかりだ。 「需要ひっ迫警報」で節電呼びかけ 電力不足の原因は本当に3.16地震の影響か?  5月2日には石川県能登地方(M4.2、震度3)、日向灘(M5、震度3)、京都府南部(M4.4、震度4)など相次ぎ、ツイッターには一時「南海トラフ」がトレンドワード入りしたほどである。翌3日にも、京都南部や日向灘のほか、鳥取県東部(M4.3、震度3)、東京都多摩東部(M4.6、震度3)の地震が起こった。これだけ全国で揺れているとさすがに心配になってくるが、一連の地震は「南海トラフ」と関係しているのか?立命館大環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏が言う。 「京都、日向灘鳥取県東部、能登半島地震は、いずれもユーラシアプレート上で起きた地震です。特に日向灘鳥取県東部の地震は、日向灘広島市鳥取県東部と一連の地震の集中する断層帯に属しています。この地震の集中する断層帯と並行するのが、淡路島ー六甲山地ー京都ー琵琶湖西岸ー北陸の地震断層帯です。能登半島地震は北陸部分としてとらえることができます。淡路島ー北陸の断層帯は、1995年兵庫県南部地震阪神淡路大震災)をはじめ、2018年大阪府北部地震、2022年にたびたび起こっている京都の地震が関係しています。1596年に豊臣秀吉伏見城を倒壊させた慶長伏見地震も、この断層帯地震です。また、日向灘鳥取県東部の地震断層帯と淡路島ー北陸の地震断層帯とは兄弟のようなものです。ユーラシアプレートが直接的にはフィリピン海プレートに、間接的には太平洋プレートに圧縮されることで発生しています」  過去には、1943年の鳥取地震(内陸直下型)、1944年の東南海地震(海溝型)、1945年の三河地震(内陸直下型)、1946年南海地震(海溝型)、1948年福井地震(内陸直下型)のようにユーラシアプレートの歪がたて続けに地震を発生させ、いずれも1000人を超える死亡者を出している。現在の状況は、この時の状態が始まった時に似ているという。  さらに3日には東京都多摩東部でも地震が起きた。 「震源の深さ130kmで、東から西へもぐりこむ太平洋プレートと、南から北へ北米プレートの下に潜り込むフィリピン海プレートとの境界の地震です。最大震度は3、震源が深いので広範囲で揺れました」(前出の高橋学氏) この地震は前述のタイプとは異なるが、いずれにしても不気味だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

高橋学・立命館大学教授の巨大地震予測、やはりまたハズレました - 横浜地球物理学研究所 (goo.ne.jp)

 

南海トラフ?架空で妄想でもう!

終わってる地震だよ!!!

 

M4以上3月は195回 福島沖地震が影響

 

配信

コメント8件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

記者会見する地震調査委員会の平田直委員長=11日午後、文科省

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2012/2/10 

 

東大地震研究所平田教授の正体― 首都直下型地震4年以内に70%とセンセーショナルな発表を主導した平田教授週刊文春の取材に対しオフレコ発言。 「数字はヤマ勘、書くなよ。」 やはり研究費目的不安商法でした。 東大地震研究所とは東電原発村と同じ、東大地震村だったのですか?

 

 

 

平田 直|メンバー紹介|東京大学地震研究所 地震予知研究センター (u-tokyo.ac.jp)

JST CREST "iSeisBayes" | メンバー (u-tokyo.ac.jp)

 

平田 直|メンバー紹介|東京大学地震研究所 地震予知研究センター (u-tokyo.ac.jp)

JST CREST "iSeisBayes" | メンバー (u-tokyo.ac.jp)

 

平田 直|メンバー紹介|東京大学地震研究所 地震予知研究センター (u-tokyo.ac.jp)

JST CREST "iSeisBayes" | メンバー (u-tokyo.ac.jp)