cshosの日記

地震&私生活

青森県内最大死者5万3000人 太平洋側の巨大地震想定 早期避難で7~8割軽減も=ゾウリムシ老害の片岡俊一か!デマと戯言を話してるのは!!!

太平洋側で予想される最大の地震が発生した場合、青森県内の各市町村でどのような被害が想定されるのか、青森県20日、その調査結果を公表しました。 死者数が最も多いのは青森市の2万1000人で、市街地の大部分が津波によって浸水が予測されているためです。 青森県内に大きな被害をもたらすと予想される太平洋側での地震は、2020年に国が公表した日本海溝と千島海溝の2つの震源と、東日本大震災を踏まえて青森県が独自に調査した震源が考えられ、いずれもマグニチュード9クラスと見込まれています。 20日公表されたのは、この場合に予想される被害でどの地震が起きたとしても各地の最大の揺れは、震源に近い太平洋沿岸で震度6強から6弱、内陸部でも6弱から5強と予測されました。 死者数や建物被害は、地震の発生時間で異なるため、夏の正午・冬の夕方6時・冬の深夜の3パターン想定され、最も被害が大きいのは「冬の夕方6時」で、青森県全体で死者は5万3000人、建物の全壊は11万棟に上ります。 死者の9割以上が津波による被害ですが、地震発生後、速やかに避難を始めると夏は約8割、冬は約7割軽減できると試算されています。市町村ごとの想定も公表され、「冬の夕方6時」では青森市の死者が最も多く2万1000人、八戸市1万9000人、むつ市4700人などとしています。 太平洋側の震源にも関わらず八戸市より青森市の死者が多く、陸奥湾沿いでも被害が予想されました。 青森県地震津波被害想定検討委員会 片岡俊一 委員長 (弘前大学理工学部教授) 「青森市の場合はどっちの方向に行っても平らな標高の低い所なので被災者が増える」 青森県が作成した津波で浸水する範囲の地図です。 陸奥湾に面した青森市の市街地の大部分が1メートル以上浸水すると予想され、地震発生の96分後に第一波が到達すると予想されています。 弘前大学理工学部片岡俊一教授が指摘する通り、青森市は企業や官公庁、駅など人が集まる施設が集中する市街地の標高が低いため、通勤通学や帰宅時間帯と積雪で避難が遅くなる冬は、被害が大きくなると見込まれています。 ※青森市 牧野豊 危機管理監 「ある程度市としては被害想定が大きくなると覚悟はしていましたが、今回の県の結果については大きく出ているなという印象です。ハザードマップをツールとして防災対策を引き続き粘り強く継続的にやっていかなければという思いが強くなりました」 青森県20日、この被害想定をホームページで公表し、各市町村の防災対策の推進や県民の防災意識の向上に役立てたいとしています。

-------------------------------------------

ゾウリムシイカサマ老害バカオカルティズムバカキチガイ教授弘前大学理工学部

精神患者教授片岡俊一は、

あの世ゾウリムシ界カイカサマインチキ妄想オカルトキチガイ有名人

 

ホラ吹くなよ!!!

 

ゾウリムシ老害片岡俊一は!!!

 

青森県内最大死者5万3000人

 

理論上、100000000000000000%有りえない!

 

青森県内最大死者5万3000人は!!!