cshosの日記

地震&私生活

ん・・・今の所、わてが負けてるね!東大卒の老害村井俊治学者に6月22日迄の地震予知ゴッコね。

MEGA地震予測MAP 東大名誉教授・村井俊治氏は中部、東北などの「異常変動」指摘|NEWSポストセブン (news-postseven.com)

 

MEGA地震予測MAP 東大名誉教授・村井俊治氏は中部、東北などの「異常変動」指摘

 
 
 
31
MEGA地震予測MAPを提供する東大名誉教授・村井俊治氏

MEGA地震予測MAPを提供する東大名誉教授・村井俊治氏

 
写真3枚

 5月22日、福島県いわき市で最大震度5弱を観測する地震が発生した。同県内の常磐線の2か所で走行中の列車が緊急停止し、いわき市では土砂崩れも起きた。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.0だった。この地震を発生直前にピンポイントで予測し、的中させていた人物がいる。測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授だ。その村井氏が今、緊急警戒を促す地域がある。

 * * *
 村井氏が会長を務める地震科学探査機構(JESEA)のメルマガ「週刊MEGA地震予測」は、より切迫度が高い時だけ場所や時期、規模を明示した「ピンポイント予測」を出す。5月18日配信号で新規発出した同予測が、次のものだった。

〈東北地方〉
〈6月15日頃まで〉
〈M6.0±0.5〉

「場所」「時期」「規模」の3つすべてを的中させたのである。

 その「ピンポイント予測」が5月23日、〈号外速報〉として、新たに警鐘を鳴らしているエリアがある。

中部地方周辺〉
〈6月22日頃まで〉
〈M5.5±0.5〉

 村井氏が語る。

「東北と同じく衛星画像の解析などで前兆と思われる異常を観測し、緊急性が高いと考え、号外速報を出しました」(以下、「」内は村井氏)

 MEGA地震予測は、国土地理院が全国約1300か所に設置した電子基準点のGPSデータを使って地表の動きを捉え、基準点の1週間ごとの上下動の「異常変動」、長期的な上下動の「隆起・沈降」、東西南北の動きの「水平方向の動き」という3つの主な指標を総合的に分析する。一昨年以降はAI(人工知能)による危険度判定や、衛星画像の解析も導入した。

 それらを駆使した最新の予測結果が、以下の4つの警戒ゾーンである。

MEGA地震予測MAP 東大名誉教授・村井俊治氏は中部、東北などの「異常変動」指摘

 
 
 
31

 

異常変動全国MAP2022VOL.3

異常変動全国MAP2022VOL.3

 
写真3枚

茨城県北部に要注意

■中部警戒ゾーン

 号外速報が出された中部では、新潟県の電子基準点「高柳」で7cm以上、岐阜県の基準点「大野白川」と「清見」で8cm以上など、多くの「異常変動」が見られる。

「『隆起・沈降』では、富山県、石川県、福井県を中心に全体の広いエリアで沈降傾向だったのですが、最近は隆起傾向となっている。長い沈降から隆起に転じた場合は、地震発生直前の危険なシグナルの可能性があると言えます。

『水平方向の動き』では、2月下旬、同じエリア内で異なる方向の大きな動きが複数見られました」

 このエリアには柏崎刈羽原発志賀原発がある。現在はいずれも停止中だが、予期せぬ事態への警戒を怠るべきではない。

■東北警戒ゾーン

 東北は、中央を南北に連なって伸びている奥羽山脈周辺に「異常変動」が集中している。

「『隆起・沈降』でも、太平洋側が隆起する一方、日本海側は沈降し、特に秋田県山形県で沈降エリアが広がっているので、その境目の奥羽山脈周辺に歪みが溜まっていると考えられます。

『水平方向の動き』は全体的に活発ですが、その動きが福島県南部と岩手県北部で途切れており、動きが見られなくなる茨城県北部と青森県南部との境目は要注意です」

 そのほか、危険度3位「中国」と同4位「首都圏」の警戒ゾーンは、別掲のMAPに示した。巨大地震はいつ起きてもおかしくない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また!ほら吹きで有料サイト地震予知ゴッコで金儲けしてるよ!

大外れした場合、謝罪も無しだと。

老害化石人間の村井俊治ちゃん。

有料サイトの会員の皆さん、イカサマインチキ妄想オカルトキチガイなので、

退会を必ず、勧める。

意味が無いし、老害化石人間の村井俊治だからね。

 

「6月22日」迄に内容を読むと、

1位が北陸エリア

2位が東北エリア

3位が中国

4位が関東エリア(茨城県北部)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1,九州エリア

2,瀬戸内・関西

3,東北

4,北海道

5,関東

6.北陸エリア

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月1日~6月19日迄の主なM4以上内容

 

2022年6月3日 16時03分ごろ 沖縄本島北西沖 5.9 2
2022年6月5日 3時48分ごろ 八丈島東方沖 4.7 1
2022年6月7日 10時58分ごろ 石垣島北西沖 5.2 2
2022年6月10日 11時14分ごろ 浦河沖 4.8 3
2022年6月12日 18時06分ごろ 宮城県 4.4 2
2022年6月12日 21時46分ごろ 福島県 5.1 3
2022年6月13日 20時18分ごろ 西表島付近 4.5 3
2022年6月14日 6時01分ごろ 豊後水道 4.1 2
2022年6月17日 0時51分ごろ 徳島県南部 4.8 4
2022年6月17日 23時35分ごろ 福島県 4.8 3
2022年6月19日 15時08分ごろ 石川県能登地方 5.2 6弱
2022年6月19日 19時07分ごろ 沖縄本島北西沖 5.3 2
2022年6月19日 18時55分ごろ 沖縄本島北西沖 5.7 2
2022年6月20日 9時18分ごろ 宗谷地方北部 4.4 4
2022年6月20日 5時27分ごろ 択捉島南東沖 4.7 1
2022年6月20日 10時31分ごろ 石川県能登地方 5.0 5強

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

M大きさではわて(たたん)が

有利だが・・・

震度数では東大卒の老害村井俊治

勝ちだね。・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・