cshosの日記

地震&私生活

安倍晋三元首相銃撃事件の裏で、テレ東が「視聴率で大勝」したワケ

配信

コメント140件
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
現代ビジネス

妖怪ウォッチ』『ポケット・モンスター』

photo by Gettyimages

「見てください、この立派なカニ…!」

他局の報道特番に「圧勝」

「伝説」のウラには「懐事情」が

photo by Gettyimages

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

 

コロナで不景気な社会でも「南海トラフの設備投資や対策」しろだと。

 

名古屋大の不名誉教授の福和伸夫は。

 

本気でバカで使い者ならないのにね。

 

ふざけた奴。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お話が変わりまして。

 

故人の元・安倍晋三首相は、わてには「昇天の雲の存在」で、

銃撃されても「SPが要るから、大丈夫」だと思いましたね。

それが銃撃され、「命を落として」、運が悪い人だったですと呟きましたね。

 

他界されたのは残念ですが、歳を考えると「67歳」でしょ。

 

今の時代に他界してもおかしくない歳だと思いますね。

 

わての長男さんは「63歳で他界」しましね。

 

ですから、「元・総理大臣の安倍晋三首相」は死去は普通に起きたと思いましたね。

 

しかし、「5・1・5の犬養毅暗殺事件」が脳に過ぎりましたね。

またか!起きたのか!と感じね。

 

報道も「NHK」が有るし、

有料放送だし、

みんなNHKを観るのが普通だし、

 

それを民間が内容を変えて、特別な番組を作るのも違和感が有りですね。