cshosの日記

地震&私生活

午前1時36分頃に沖縄本島北西沖で地震が起きた。

発生時刻 2022年10月7日 1時36分ごろ
震源 沖縄本島北西沖
最大震度 2
マグニチュード 5.1
深さ 160km
緯度/経度 北緯27.7度/東経126.9度
情報 この地震による津波の心配はありません。
震度2
沖縄県 西原町  座間味村  渡名喜村  久米島町 
震度1
鹿児島県 奄美市  瀬戸内町  伊仙町  和泊町  知名町 
沖縄県 那覇市  宜野湾市  名護市  沖縄市  うるま市  南城市  国頭村  大宜味村  今帰仁村  恩納村  読谷村  北谷町  北中城村  中城村  南風原町  渡嘉敷村  八重瀬町 

気象庁 Japan Meteorological Agency (jma.go.jp)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収、「856万円」の

東北学院大学土木学者柳澤英明君が、

津波が「M5.1」で起きない事大粒涙????

 

沖縄トラフ起きない事不満で、

東北学院大学部下助手八つ当たりかな??

 

それとも「ユンボドリフト」を、

国道で決め、不満解消か???

 

英明君は???

研究室メンバー

指導教員

柳澤英明 准教授(工学博士)

専門分野:津波防災、海岸工学

最終学歴:東北大学大学院工学研究科土木工学専攻

所属学会:土木学会、地球惑星連合

担当授業:地域防災科学、GIS実習、基礎コンピュータなど

 

柳澤研究室 (tohoku-gakuin.ac.jp)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【東北大学】教授、准教授、助教、講師の年収、ボーナス、モデル給与、初任給|KomuInfo

 

東北大学教授、准教授、助教、講師の年収、ボーナス、モデル給与、初任給

 
 

東北大学教授の年収をご紹介
国立大学法人東北大学(国立大学教授、准教授、助教、講師)の仕事内容、給料、採用に興味がある方に向けて様々な情報をご紹介

2019年度の東北大学教授の年収は1062.7万円です。

2019年度の東北大学教授の平均年収は1062.7万円でした。
年度別の平均年収は以下の通りです。
2019年 1062.7万円
※公表されていない場合は空欄となります。

東北大学教授の人数・平均年齢

2019年度の東北大学教授の人数は663人、平均年齢は54.9歳でした。
年度別の平均年収は以下の通りです。
2019年 663人・54.9歳
※公表されていない場合は空欄となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

役職 人数 年齢 年収 最大最小
最大年収 最少年収
教授 663 54.9 1062.7 2266.2 808.9
准教授 534 46.8 856 1089 598
講師 113 45.9 789.2 906.3 622.8
助教 460 42.1 673 792.7 549.4
助手 30 46.8 647 723.1 558

----------------------------------------------------------

全地点の震度

本当に偽者が多い、「東北学院大学イカサマインチキ妄想オカルト地震研究学者」だ!

 

そうだよね!

 

伸夫&義英ちゃん

 

福和伸夫Webサイト (nagoya-u.ac.jp)

地震予知法開発者 内山義英の想い│予知するアンテナ (yochisuru-antenna.jp)