cshosの日記

地震&私生活

どうする?故郷の福井県の今後、30年間以内に大地震災害の対策を無視し、首都直下型が起きるとオカルトインチキキチガイバカ騒ぎをするか!福井県の田吾作村のイカサマインチキ建築学者の老害産業廃棄分人間の都立大のオオカミ偽者建築学者の中林一樹君は

福井地震(1948年):時事ドットコム (jiji.com)

福井地震(1948年)

福井地震で倒壊したビル=福井市内【時事通信社】

福井地震で倒壊したビル=福井市内【時事通信社

 昭和23(1948)年6月28日午後4時13分福井市周辺は大きな地震に襲われた。地震の規模はマグニチュード7.1で、震源が20キロ未満と浅く、福井平野の南北約60キロ、東西20キロの範囲で特に強い揺れが生じた。この地域の震度は6とされたが、この地震をきっかけとして気象庁震度階級に「7」が設けられたように、現在の震度に当てはめれば7の揺れであったと推定できる。戦時中の空襲で壊滅した市街地がようやく復興しつつあった福井市は、建物倒壊率が約80%という甚大な被害を受けた。死者は福井県で3278人、石川県で41人の合計3769人に達し、地震の直接被害による犠牲者数では、関東大震災阪神・淡路大震災に次ぐ多さとなっている。

 内陸直下型の地震でも特に震源が浅い上、福井平野沖積平野で地盤が弱かったことも被害を大きくした。「何時間歩いても、まともに立っている建物がひとつもなかった」との体験談があるほど、建物の損壊が激しく、特に坂井郡の農村部は全壊率100%という地域もあった。ただ、農繁期の夕方で、まだ農作業が終わっていなかったことから屋内にいた人が少なく、農村部の人的被害はそれほど多くなかった。逆に福井市内は火災が発生して2000戸あまりが焼失、被害が拡大した。

 福井地震は、震源が浅かったにもかかわらず、地表には震源断層が現れなかった。既知の活断層との関係も不明で、発生にメカニズムについても分からないことが多い。逆に、過去に活動歴のある活断層がなくても、大きな地震が発生することを証明しており、「地震はどこで発生するか分からない」という防災上の貴重な教訓を残したと言える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう!福井地震から、「70年」が経つたよね。

 

わての計算値では、

福井県の大地震震度6強以上)の

サイクルでは「71年~75年」の計算なんだよね。

 

いつ、震度6起きても不思議じゃないですけどね。

 

福井県でね。

 

どうする???

 

故郷の防災無視し、関東大事なんだね!!

 

不思議な生き物中林一樹君。

 

たたんの故郷は、「神奈川県川崎市」だから、守りたいだよね!

 

関東を・・・

 

それで地震予知ゴッコしてるですけどね!!

 

福井県の田吾作村のイカサマインチキ建築学者老害産業廃棄分人間の都立大偽者建築学者中林一樹

故郷福井県災害対策無視し、

捨てるだね!???

 

中林 一樹:講師紹介 (copa-web.net)

 

若狭湾で「20m以上?津波襲い何万人他界する計算値?」なんだけどね!

 

対策しないの???

 

捨てるだね?故郷福井県災害を!!!

 

福井県の田吾作村のイカサマインチキ建築学者老害産業廃棄分人間の都立大の偽者建築学者中林一樹

 

もう!関東地震は、関東人任せて

故郷福井県親子揃って、お帰り

 

別に福井県の田吾作村のイカサマインチキ建築学者老害産業廃棄分人間都立大偽者建築学者中林一樹君いなくも大丈夫だからね。