cshosの日記

地震&私生活

これまで生きてきて「死ぬかと思った」瞬間はありますか??=雪印の骨太牛乳の食中毒かな!!

お題「これまで生きてきて「死ぬかと思った」瞬間はありますか?身体的なものでも精神的なものでも」

 

前回も書いたけどね、その2で・・・・

 

雪印乳業食中毒事件|沿革|雪印メグミルク株式会社 (meg-snow.com)

 

雪印乳業食中毒事件

平成12年6月に雪印乳業(株)大阪工場製造の低脂肪乳などにより食中毒事件が発生した。6月27日大阪市保健所に最初の食中毒患者の届け出があった。

調査の結果、雪印乳業(株)大樹工場(北海道大樹町)で製造された脱脂粉乳が停電事故で汚染され、それを再溶解して製造した脱脂粉乳を大阪工場で原料として使用していたことがわかった。
その脱脂粉乳黄色ブドウ球菌が産生する毒素(エンテロトキシン)が含まれていたことが原因だった。

雪印乳業(株)は事件直後の対応に手間取り、商品の回収やお客様・消費者への告知に時間を要したため、被害は13,420人に及んだ。

この事件によって、社会に牛乳、乳製品をはじめとする加工食品の製造に、不信と不安を抱かせるだけでなく、乳等省令についての乳業界の解釈と社会の理解との乖離が明らかになるなど、社会に対して大きな影響を与えた。

はからずも昭和30年に発生した「雪印八雲工場食中毒事件」を風化させてしまい、その教訓を活かすことが出来なかったことが、この食中毒事件の発生につながったといえる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成12年=2000年=23年前かな!!!

 

当時、雪印の骨太牛乳を飲みまして、

紫色の嘔吐や下痢を半日以上、

繰り返し、死ぬかと思いましたね。

 

それ以来、雪印の商品の購入を止めましたね。

 

保健所には報告しませんでした。