cshosの日記

地震&私生活

「巨大地震」で家がすぐ崩壊…日本人が知らない被害が多いと想定される「地域の名前」=つづく「『まさか死んでないよな…』ある日突然 = 早く、あの世に逝けよ!そして、成仏しろよ!オカルトキチガイバカ夫婦の尾崎夫妻!地獄で閻魔大王が待ってるから! チーン!チーン!嗚呼、なんまいだ!! オカルトキチガイ不安災害商法教祖糞婆が 宮地美陽子(尾崎・宮地)が他界し、 東京都は景気がさらに上昇に 都民が喜んだ!!金儲けしようと本を出すイタチ顔女の東京都知事政務特別秘書の宮地美陽子糞婆は絶対に許さない!!

元読売新聞記者の宮地美陽子さんです。知事は12日に開かれた定例記者会見で、『彼女は皆様方の同僚で、これから、記者クラブとの接点ともなります』と言っていましたが、元記者といっても彼女は、入社直後から5年間甲府支局で勤めたものの、優秀な記者とはいえず、その後、今月8日に退社するまでの10年間は本社編成部で新聞のレイアウト作りに専念してきた人物です。もちろん、政治部の経験はありません。『いったいなぜ彼女が選ばれたのか』と、同僚記者たち不思議がっていますよ

 無論、都政に関しても全く素人というわけだ。ますます不可解なこの“サプライズ”人事の理由を小池事務所関係者に訊ねたところ、

宮地さんの父親は、かつてテレビ朝日政経部(政治部の当時の名称)の記者で、小池さんとは旧知の仲。加えて宮地さんの夫も産経新聞の記者で、国会議員時代の知事に何度か取材をしており、そうした縁で宮地さんとも顔見知りでした。小池さんは『特別秘書に女性の登用を』と考えていたものの、適任者見つからず彼女に声をかけたようです」

 小池都政に早くも黄信号が灯ってしまった――。

全く素人というわけだ

 

宮地美陽子|プロフィール|HMV&BOOKS online

 

元新聞記者の宮地美陽子氏で、それぞれの給与は月額70万6000円、期末手当なども合わせると、年収はおよそ1400万円です

 

小池知事特別秘書、年収1400万円だけでなく「運転手つき専用車」通勤まで明らかに

2017年9月19日12:37PM

情報公開の推進を看板にしている小池百合子東京都知事だが、その看板も色あせはじめた。去る8月25日のこと、筆者は小池知事を質すべく定例記者会見に臨んだ。

「知事特別秘書(特別職の常勤職員)に年間1400万円もの給与・手当を支給することは妥当か。また運転手つきの専用車で通勤させていることに都民の理解が得られると考えるか」

そう質問しようと手を上げたが知事は一顧だにせず、ついに一方的に会見を打ち切った。「知事お願いします」と声をかけると小池知事はうなずいただけで立ち去った。ほかにもいくつか手が上がっていたが無視した。

「南海トラフ巨大地震」が発生する日…命を守るために知っておきたい「最悪の被害想定」(宮地 美陽子) | 現代新書 | 講談社(1/3) (gendai.media)

「巨大地震」で家がすぐ崩壊…日本人が知らない被害が多いと想定される「地域の名前」

配信

コメント51件
現代ビジネス

軟弱な地盤と硬い地盤の「被害の差」

足立区が危ない?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>つづく「『まさか死んでないよな…』ある日突然

早くあの世逝けよ

チーン!チーン!嗚呼、なんまいだ!!

 

オカルトキチガイ不安災害商法教祖糞婆が

宮地美陽子(尾崎他界し、

東京都景気さら上昇

都民が喜んだ!!

東京都知事政務特別秘書の

イタチ顔女

宮地美陽子糞婆

成仏せいや!

嗚呼、なんまいだ!なんまいだ!!!

小池百合子の代表辞任を振り付けした「元記者夫婦」の狙いと正体(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2) (gendai.media)

 

小池百合子知事が希望の党代表を辞任する決断をしました」

11月14日、両院議員総会での発表を前に、希望の主要議員に伝えて回ったのが、小池氏の最側近といわれる同党事務局職員の尾崎良樹だ。

 

南海トラフ巨大地震」が発生する日…命を守るために知っておきたい「最悪の被害想定」

 

首都直下地震南海トラフ巨大地震、富士山大噴火……過去にも一度起きた「恐怖の大連動」は、東京・日本をどう壊すのか? 命を守るために、いま何をやるべきか?

東京都知事政務担当特別秘書・宮地美陽子氏による新刊『首都防衛』では、知らなかったでは絶対にすまされない「最悪の被害想定」が描かれている。その衝撃の内容とは?

南海トラフ巨大地震が発生する日

地震の4年後、再起に向けてタクシー運転手を続けた尾崎良樹(仮名)はアパートで幸子と暮らしていた。

医療保険や生命保険(死亡保険)には加入していたものの、地震保険には未加入だった。自宅再建への国の支援金は最大300万円で、借金をしなければ建て直したり、中古物件を購入したりするだけの余力もない。土地の売却で老後資金をひとまず確保し、夫婦二人で静かに暮らす道を選んだ。

「さすがに、老後くらいは安心して暮らせるようになりたいな」。尾崎は自らに言い聞かせるようにつぶやく。

だが、尾崎の「不運」はなおも続いた。4歳になる娘とともに、夫・良樹の転勤先である大阪に引っ越していた香織には、首都直下地震で経験した恐怖から解放されたいとの思いもあった。

もちろん、政府の地震調査委員会が2022年1月、南海トラフで今後40年以内にM8~9級の巨大地震が発生する確率を引き上げたことは知っている。前年の「80~90%」から「90%程度」とさらに高確率になったことに不安がないと言えばウソになる。

ただ、暮らし慣れた首都の悲惨な状況や友人の死というショックから早く立ち直りたいと、大阪異動の内示を受けた良樹について行くことにした。

尾崎のさらなる「不運」とは、南海トラフ巨大地震の発生を意味する。1995年の阪神・淡路大震災の傷を癒やそうと上京した尾崎、タクシー運転手になった直後に美智子と結ばれ、溺愛する娘・香織を授かった。

たしかに東京で首都直下地震に遭遇することになったものの、出逢いは何物にも代えがたい。加えて、高確率で起きると予想されていた南海トラフ巨大地震を東京で回避したいとの思いも強かった。まさか夫の転勤先となった大阪で娘が被災するなんて思いもしなかったことだ。

地震が首都を襲った4年後、静岡県から宮崎県にかけて最大震度7南海トラフ巨大地震が発生した。

最大クラスの地震により周辺地域でも震度6強の揺れが起き、太平洋沿岸は九州地方にかけて10メートルを超える大津波が襲来。猛烈な強い揺れや火災、津波によって238万棟超が全壊・焼失し、死者は32万人を超えた。

被害は近畿や東海、四国など広範囲に及び、関西圏を中心にダメージは深刻だ。ライフラインは2710万軒が停電し、上水道は3440万人が断水、都市ガスも約180万戸で供給がストップした。道路の沈下や損傷は4万ヵ所以上で見られ、中部国際空港関西国際空港のほか大分や宮崎、高知の空港で津波浸水が発生する。

帰宅困難者中京都市圏で約110万人、京阪神都市圏では約270万人に達し、食料や飲料水が不足。住宅やオフィスではエレベーター内に閉じ込められる人が続出した。

被災地の経済被害は160兆円以上で、まさに史上最大級の巨大地震であることを物語る。

4年前の首都直下地震による傷が癒えない中での災禍は、国の想定を上回る大打撃になるのは間違いなかった。

連絡が思うようにとれない不安に駆られながら、自宅の居間で西方に向かって両手を合わせる浜田は「よりによって香織までが……。こんなことになるくらいなら自分が代わりになりたかった」と娘たち家族の生存をただ祈る。

(つづく)

8月23日発売の『首都防衛』では、首都直下地震南海トラフ巨大地震、富士山大噴火の「恐怖の大連動」が東京・日本をどう壊すのか、命を守るためにいま何をやるべきか、最新データや専門家の知見からわかりやすく解説・分析している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再起に向けて元・溝ネズミ捕り生活を続けた尾崎良樹(実名)は野ネズミアパート美陽子(実名暮らしていた。

 

尾崎のさらなる「不運」とは、南海トラフ巨大地震の発生を意味する。1995年の阪神・淡路大震災の傷を癒やそうと上京した尾崎は、野宿ホイホイ生活になった直後に美陽子(仮)熱愛接吻交尾愛と結ばれ、溺愛する娘・香織を授かった。

 

「さすがに、老後くらいは安心して千葉県河川敷土管生活暮らせるようになりたいな」。尾崎は自らに言い聞かせるようにつぶやく。

 

たしかに読売村インチキ詐欺妄想首都直下地震遭遇することになったものの、出逢いは何物にも代えがたい。加えて、高確率で起きると予想されていたイカサマインチキキチガイ南海トラフ巨大地震山梨県で回避したいとの思いも強かった。まさか夫の野ネズミホームレスホイホイ生活の転勤先となった島流しで娘が被災するなんて思いもしなかったことだ。

 

こんな感じかな???

 

東京都知事政務特別秘書のパクリ妄想ヒラメ女のバカ精神患者の101歳のおじいちゃん様にお姫様だっこして欲しい?宮地美陽子ちゃん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都知事政務特別秘書の辞任しない限り、今後もこのブログ内で批判を繰り返す。

今後は不安災害商法本を自腹の金を用意して、全国周り、回収しなよ!!

1冊、残らず、回収しろよ!!

 

亭主の代わりとオマケで成れた!

東京都知事政務特別秘書の

宮地美陽子ナマコ顔女さん。

 

今時、都民の税金から、年収1600万円と専用車を与えてもらい高額の所得を得てるのに関東六県や全国を不安災害商法本を出し、国民を煽るか!!!

 

所得や身分に不満が有るなら、

辞任して下さい。

その不安災害商法本で生活して下さい。

 

都民ファーストの関係の亭主の代わりのナメクジ顔の宮地美陽子ナマコバカ女主婦さん!!

 

むしろ、安全を出さなければ、

行けない身分なのに。

不安災害商法本をするか!!!

 

常識を超え、権利、濫用職務の行動と

怠慢と小遣い稼ぎしか思えない!!!

member|東京大学大学院 教授 廣井悠のホームページ (u-hiroi.net)

 

気取らないでさ!

美陽子と良樹(尾崎)でとね。

小池百合子の代表辞任を振り付けした「元記者夫婦」の狙いと正体(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2) (gendai.media)

 

小池百合子知事が希望の党代表を辞任する決断をしました」

11月14日、両院議員総会での発表を前に、希望の主要議員に伝えて回ったのが、小池氏の最側近といわれる同党事務局職員の尾崎良樹だ。

 

南海トラフ巨大地震」が発生する日…命を守るために知っておきたい「最悪の被害想定」

 

首都直下地震南海トラフ巨大地震、富士山大噴火……過去にも一度起きた「恐怖の大連動」は、東京・日本をどう壊すのか? 命を守るために、いま何をやるべきか?

東京都知事政務担当特別秘書・宮地美陽子氏による新刊『首都防衛』では、知らなかったでは絶対にすまされない「最悪の被害想定」が描かれている。その衝撃の内容とは?

南海トラフ巨大地震が発生する日

地震の4年後、再起に向けてタクシー運転手を続けた尾崎良樹(仮名)はアパートで幸子と暮らしていた。

医療保険や生命保険(死亡保険)には加入していたものの、地震保険には未加入だった。自宅再建への国の支援金は最大300万円で、借金をしなければ建て直したり、中古物件を購入したりするだけの余力もない。土地の売却で老後資金をひとまず確保し、夫婦二人で静かに暮らす道を選んだ。

「さすがに、老後くらいは安心して暮らせるようになりたいな」。尾崎は自らに言い聞かせるようにつぶやく。

だが、尾崎の「不運」はなおも続いた。4歳になる娘とともに、夫・良樹の転勤先である大阪に引っ越していた香織には、首都直下地震で経験した恐怖から解放されたいとの思いもあった。

もちろん、政府の地震調査委員会が2022年1月、南海トラフで今後40年以内にM8~9級の巨大地震が発生する確率を引き上げたことは知っている。前年の「80~90%」から「90%程度」とさらに高確率になったことに不安がないと言えばウソになる。

ただ、暮らし慣れた首都の悲惨な状況や友人の死というショックから早く立ち直りたいと、大阪異動の内示を受けた良樹について行くことにした。

尾崎のさらなる「不運」とは、南海トラフ巨大地震の発生を意味する。1995年の阪神・淡路大震災の傷を癒やそうと上京した尾崎、タクシー運転手になった直後に美智子と結ばれ、溺愛する娘・香織を授かった。

たしかに東京で首都直下地震に遭遇することになったものの、出逢いは何物にも代えがたい。加えて、高確率で起きると予想されていた南海トラフ巨大地震を東京で回避したいとの思いも強かった。まさか夫の転勤先となった大阪で娘が被災するなんて思いもしなかったことだ。

地震が首都を襲った4年後、静岡県から宮崎県にかけて最大震度7南海トラフ巨大地震が発生した。

最大クラスの地震により周辺地域でも震度6強の揺れが起き、太平洋沿岸は九州地方にかけて10メートルを超える大津波が襲来。猛烈な強い揺れや火災、津波によって238万棟超が全壊・焼失し、死者は32万人を超えた。

被害は近畿や東海、四国など広範囲に及び、関西圏を中心にダメージは深刻だ。ライフラインは2710万軒が停電し、上水道は3440万人が断水、都市ガスも約180万戸で供給がストップした。道路の沈下や損傷は4万ヵ所以上で見られ、中部国際空港関西国際空港のほか大分や宮崎、高知の空港で津波浸水が発生する。

帰宅困難者中京都市圏で約110万人、京阪神都市圏では約270万人に達し、食料や飲料水が不足。住宅やオフィスではエレベーター内に閉じ込められる人が続出した。

被災地の経済被害は160兆円以上で、まさに史上最大級の巨大地震であることを物語る。

4年前の首都直下地震による傷が癒えない中での災禍は、国の想定を上回る大打撃になるのは間違いなかった。

連絡が思うようにとれない不安に駆られながら、自宅の居間で西方に向かって両手を合わせる浜田は「よりによって香織までが……。こんなことになるくらいなら自分が代わりになりたかった」と娘たち家族の生存をただ祈る。

(つづく)

8月23日発売の『首都防衛』では、首都直下地震南海トラフ巨大地震、富士山大噴火の「恐怖の大連動」が東京・日本をどう壊すのか、命を守るためにいま何をやるべきか、最新データや専門家の知見からわかりやすく解説・分析している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

再起に向けて元・溝ネズミ捕り生活を続けた尾崎良樹(実名)は野ネズミアパート美陽子(実名暮らしていた。

 

尾崎のさらなる「不運」とは、南海トラフ巨大地震の発生を意味する。1995年の阪神・淡路大震災の傷を癒やそうと上京した尾崎は、野宿ホイホイ生活になった直後に美陽子(仮)熱愛接吻交尾愛と結ばれ、溺愛する娘・香織を授かった。

 

「さすがに、老後くらいは安心して千葉県河川敷土管生活暮らせるようになりたいな」。尾崎は自らに言い聞かせるようにつぶやく。

 

たしかに読売村インチキ詐欺妄想首都直下地震遭遇することになったものの、出逢いは何物にも代えがたい。加えて、高確率で起きると予想されていたイカサマインチキキチガイ南海トラフ巨大地震山梨県で回避したいとの思いも強かった。まさか夫の野ネズミホームレスホイホイ生活の転勤先となった島流しで娘が被災するなんて思いもしなかったことだ。

 

こんな感じかな???

 

東京都知事政務特別秘書のパクリ妄想ヒラメ女のバカ精神患者の101歳のおじいちゃん様にお姫様だっこして欲しい?宮地美陽子ちゃん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都知事政務特別秘書の辞任しない限り、今後もこのブログ内で批判を繰り返す。

今後は不安災害商法本を自腹の金を用意して、全国周り、回収しなよ!!

1冊、残らず、回収しろよ!!

 

亭主の代わりとオマケで成れた!

東京都知事政務特別秘書の

宮地美陽子ナマコ顔女さん。

 

今時、都民の税金から、年収1600万円と専用車を与えてもらい高額の所得を得てるのに関東六県や全国を不安災害商法本を出し、国民を煽るか!!!

 

所得や身分に不満が有るなら、

辞任して下さい。

その不安災害商法本で生活して下さい。

 

都民ファーストの関係の亭主の代わりのナメクジ顔の宮地美陽子ナマコバカ女主婦さん!!

 

むしろ、安全を出さなければ、

行けない身分なのに。

不安災害商法本をするか!!!

 

常識を超え、権利、濫用職務の行動と

怠慢と小遣い稼ぎしか思えない!!!

member|東京大学大学院 教授 廣井悠のホームページ (u-hiroi.net)

 

東京都23区を震源とする地震情報 (日付の新しい順) - 日本気象協会 tenki.jp

 

発生時刻 震源 マグニチュード 最大震度
2022年12月10日06時37分頃 東京都23区 M4.0 2
2022年09月03日11時55分頃 東京都23区 M4.2 2
2021年12月29日11時33分頃 東京都23区 M3.4 3
2021年12月07日16時13分頃 東京都23区 M2.5 1
2021年11月30日17時58分頃 東京都23区 M3.4 1
2021年11月20日08時57分頃 東京都23区 M4.6 3
2021年05月14日18時38分頃 東京都23区 M3.9 2

 

↑のコレで?「東京都北部」で

首都直下地震が起きるだと。

まさにイカサマインチキ砂かけ婆東京都知事政務特別秘書の糞婆の低脳悪知恵の

宮地美陽子オカルト妄想精神患者女だ。

 

金が欲しい!沢山!欲しい!

有名人になりたいか!

 

イカサマインチキの首都防衛を出して!!!

 

バカを異常オカルト精神患者女

宮地美陽子しか思えない!!!

 

早く、東京都知事政務特別秘書職を

辞表を出して、

旦那(尾崎良樹)と千葉県一緒に帰り、土管生活しなよ!!

 

全財産貧困家庭配って、

一文無し生活した合うぞ!!!

 

尾崎夫妻(良樹美陽子)さん達!!!

 

>「巨大地震」で家がすぐ崩壊…日本人が知らない被害が多いと想定される「地域の名前」

「巨大地震」で家がすぐ崩壊・・・日本人が知らない被害が多いと妄想オカルト精神患者される宗教団体尾崎されるじゃないの????

 

東京都知事政務特別秘書の糞婆イカサマオカルト精神患者イタチ顔オマケ女宮地美陽子君!!!

 

小池百合子の代表辞任を振り付けした「元記者夫婦」の狙いと正体(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/2) (gendai.media)

 

元読売新聞記者の宮地美陽子さんです。知事は12日に開かれた定例記者会見で、『彼女は皆様方の同僚で、これから、記者クラブとの接点ともなります』と言っていましたが、元記者といっても彼女は、入社直後から5年間甲府支局で勤めたものの、優秀な記者とはいえず、その後、今月8日に退社するまでの10年間は本社編成部で新聞のレイアウト作りに専念してきた人物です。もちろん、政治部の経験はありません。『いったいなぜ彼女が選ばれたのか』と、同僚記者たち不思議がっていますよ

 無論、都政に関しても全く素人というわけだ。ますます不可解なこの“サプライズ”人事の理由を小池事務所関係者に訊ねたところ、

宮地さんの父親は、かつてテレビ朝日政経部(政治部の当時の名称)の記者で、小池さんとは旧知の仲。加えて宮地さんの夫も産経新聞の記者で、国会議員時代の知事に何度か取材をしており、そうした縁で宮地さんとも顔見知りでした。小池さんは『特別秘書に女性の登用を』と考えていたものの、適任者見つからず彼女に声をかけたようです」

 小池都政に早くも黄信号が灯ってしまった――。

全く素人というわけだ

 

宮地美陽子|プロフィール|HMV&BOOKS online

 

元新聞記者の宮地美陽子氏で、それぞれの給与は月額70万6000円、期末手当なども合わせると、年収はおよそ1400万円です

 

小池知事特別秘書、年収1400万円だけでなく「運転手つき専用車」通勤まで明らかに

2017年9月19日12:37PM

情報公開の推進を看板にしている小池百合子東京都知事だが、その看板も色あせはじめた。去る8月25日のこと、筆者は小池知事を質すべく定例記者会見に臨んだ。

「知事特別秘書(特別職の常勤職員)に年間1400万円もの給与・手当を支給することは妥当か。また運転手つきの専用車で通勤させていることに都民の理解が得られると考えるか」

そう質問しようと手を上げたが知事は一顧だにせず、ついに一方的に会見を打ち切った。「知事お願いします」と声をかけると小池知事はうなずいただけで立ち去った。ほかにもいくつか手が上がっていたが無視した。